黄色い豚@日立柏酒場裏(ライブドア・ブログ公開版)

https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda からhttps://reywa.blog.fc2.com/ (2019年8月29日以降の私のメイン・ブログ)に移行したデータを用いて、更に、ここに移行しました。 データの由来(成り立ち)の詳細は、http://reywa.weblog.to/archives/5241451.html を ご覧下さい。

 2020年5月29日のNHK朝ドラ(第45回)で、二階堂ふみ がオペラ「椿姫」(La Traviata)からの歌を歌ってたけど、素晴らしものだった。何か、朝ドラ用に改変されてるのかと思って、手元にあるWOWOW_192で2018年5月26日18:30頃~放送されたMET(メトロポリタン歌劇場)のS.ヨンチェヴァ主演のものと見較べてみたけれど、改変は無い模様。

 さすがに、S.ヨンチェヴァのものに較べればテンパり過ぎな気はするし、細かな歌詞との間の抒情の揺れが読み取れない様なところはある(そもそも、オペラ界の頂点にいる歌手と、短期間の訓練を受けただけの女優を較べるのは、酷。また、S.ヨンチェヴァをしのぐほどだったら、却って、ドラマの設定を超えてしまい、おかしいし、二階堂ふみは、別の道を目指すべきだって話になってしまうw)けれど、それでも、もう直ぐ死ぬって状態で歌っている事を考えれば、二階堂ふみの方が真に迫っているとも思える。私は、ブルーレイディスクの保存用に、S.ヨンチェヴァの全幕版と並んで、二階堂ふみの約3分9秒版を格納させて貰った。

 ちなみに、二階堂ふみの歌った歌詞は、

オペラ対訳プロジェクト の「椿姫」(La travieta)のページ https://w.atwiki.jp/oper/pages/105.html から

Act III(第3幕=終幕)https://w.atwiki.jp/oper/pages/109.html の1/3を超えた辺り
39e0aad6.jpg

歌った部分を赤く囲った。本来ならば、同じメロディラインで2番まであるところの1番部分だけ。

 先日(2020年5月15日)

ユリに軒並み、蕾が形成されている@千葉県 柏市
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5433.html

て記事をUPしました。その記事に書いた予想では、2020年5月25日までには開花するかも、て事だったのですが、2020年5月27日現在、開花はまだ見られません。まだ先になりそうです。冷涼な天候も挟んでいたからかとは思いますが、私の観測史上一番早い記録になるかも、との期待は裏切られてしまいました。

 自宅からそう離れずに生活していると、あんまりブログ記事にする様な事もありません。が、たまの外出(買い物やら外食やら)で外出した際に、2020年5月27日、ホタルブクロが満開になっているのを見掛けました。

 初めて見た訳じゃなく、そこでは過去何回か(何年にも渡って)見てはいるのですが、いつも開花してから気付くだけで、そう継続的に見ていた訳でも無かったところ。でも、過去にも見てるって事は、将来も恐らくは開花が期待出来るところ、って事になるかと思います。

 ホタルブクロ、このブログの過去記事では、長野県 辰野町での2009年6月28日の画像をUPした事があります(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-2494.html )。長野県 辰野町は標高も高いところですので、6月下旬でもホタルブクロが咲いているんでしょうが、千葉県 柏市なら、その1ヶ月前でも既に満開になっているって事らしいです。
 ネムノキ(合歓の木)やサルスベリ(百日紅)やキンカン(金柑)なんかは、夏の間、何ヶ月にも渡って開花が継続する(違う花が咲き継ぐ)のですが、さすがにホタルフクロは草ですので、そんなに開花期が継続する事は無いと思います。
 全く関係無い話ですが、陸上の草ってのは、進化上、陸上の木よりも後になってから発生したものなんですよね。まあ、花自体、被子植物の誕生は、裸子植物よりかなり後になってから、ですが。


 ~~~ ~~~

 自宅に長くいると、接触するTV番組の数だけは多くなるのですが、ディスプレイ上に現れる動画ってものに多少うんざりしている事もあって、TVをじっと見ているのが辛くなってしまっています。多少態勢も変えたいし…って事で、寝転がってタブレットや本で文字を読む方が、TVを見ているより楽…って云う、ちょっと特異な精神状態になっています。GW過ぎ頃から、いつもの月よりは少し読書量が増えたかも(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5380.html )。

 でも、そんな中、TVで知った事。天皇は原則、南面する、てなドクトリンをいくつかの書物から吹き込まれていたんだけれども、古代中世の京の清涼殿での儀式や政務では、天皇は東面する形になる、って事。放送大学の「日本の古代中世」って番組を録画してみて、「見る価値があるか否か」を早送りでチェックしている中で、耳に留(と)まりました。「天皇が東面」て聞いて、何か間違っているんじゃないか、と少し戻って確認してみましたが、間違いではない。内裏の中の清涼殿の位置、建物の形、座る位置なんかから判断すると、東面で正しいと考えます。最後の座る位置を示した図で、清涼殿の北側の庇(ひさし)が東庇と云う風な名称になっていたので、当初、ここが東側であって、天皇は実は南面してるんじゃないか、とも考えたんだけど、そういう事ではないみたい。尤も図自体が一次資料ではなく、解説図なので、その時点で間違っている可能性は残るけど。

 2020年5月15日、気付いて驚いたのですが、ユリに軒並み、蕾が形成されていました。ユリの開花については、当ブログ内の記事で、比較的きちんと日付を辿れます。https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4945.html の記述が、それ。尤も、当ブログが、もともとヤフー・ブログにあったものを、ヤフー・ブログのサービス停止決定を承けてFC2に移行して来たものである都合上、記述に付された記事のURLのリンク先が全て現在では存在していない記事となっているのが困りものではありますが(該当記事と同じ内容は、全て当ブログの記事として移行されている筈なのですが)。

 これに拠ると、ここ10年程度の期間で一番早い開花日付は、5月28日だった模様です。昨年2019年は、その頃の期間、関東にいなかった所為で、正確な日付は判りませんが、5月末に戻って来たときには、ユリが開花していました。なお、ユリで最初に咲き始めるのはテッポウユリの筈なので、この記事で開花と書かれているのも、また、現在蕾が軒並み形成されているのもテッポウユリだろうと推測します。

 以前、「ユリの蕾が形成されてから何日間くらいで開花に至るものなのか?」と考え、観察していたときがあります。記憶では、約1週間。遅くとも10日間のうちには、開花するとの結果だった様に記憶しています。勿論、数年間だけの観察結果ですので、それが必ずしも毎年当てはまる訳ではないでしょうが、極端な冷涼な天候が継続しない限りは、今年もそうだろうと推測しています。で、これを当てはめてみると、5月25日頃までには開花する、って事になります。すると…少なくとも、2008年からの観察記録の上では、最も早い年となります。さて、予想通りに開花するでしょうか?

 なお、蕾の形成から開花までの期間は、どこでも同じ訳ではないでしょうし、明らかに違うのは、植物種や開花時期の違いによる差。ニホンスイセンなどは、寒い時期に咲くので、蕾が形成されてから開花までの期間は、相当長くなり、1ヶ月程度を蕾として経過する事もある様に記憶しています。植物内の生命活動としての化学(生化学)反応の気温の差による反応効率の違いとしても考えられると思います。

 柏市でユリが開花したら…きっと東京ドイツ村(袖ケ浦市)でも開花しているに違いない。東京ドイツ村では、今年、以前水仙の植えられていたマルクトプラッツ南側の園地を、一面のユリ畑に変更しました。尤も、柏市で私が観察している百合は地植えされているもので、年が変わると直ぐくらいに芽が出て来ていましたが、東京ドイツ村のものは、私が2020年12月31日に行った際には、まだ球根を植える為の穴が土に穿(うが)たれていただけの状態でした。つまり、球根を植えるのが、私が柏市で観察しているものに較べて、大幅に遅れていたと推測出来ます。これが、柏市と袖ケ浦市の南北差を超えて、開花の遅れに繋がるものなのか、どうか。ちょっと気にしています。どちらにしても、東京ドイツ村のユリが咲き始めたら、きっと同園のHPでお知らせが掲載されるものと期待していますが(私は、東京ドイツ村に関しては、2019年12月31日に、年間パスポートを購入済み故、追加料金無しで入園出来ます)。

 なお、ユリで有名な園としては、所沢市の西武球場前の所沢ユリ園の方が遙かに見事ではあろうと考えます。私も1回だけ、スカシユリの時期に見に行った事があります。また、茨城県フラワーパークのテッポウユリの群落も、野趣溢れるもので見事(かなりの面積もあります)。今年の新型コロナウイルスの影響が、どこまで続くか、気になるところではあります。


 ~~~ ~~~

<2020年5月26日追記>

 記事で書いた予想にも関わらず、2020年5月25日には、記事で書いたところのユリは開花しませんでした。2020年5月26日になっても、開花したユリは見掛けていません。確かに、この記事から2020年5月26日までの間には、「冷涼な天候」が数日挟まったのは事実ですが…。

 但し、2020年5月26日には、蕾が結構膨らんで、緑色が薄くなり始めている蕾を見掛けました。恐らく白いテッポウユリなのだろうと考えますが、開花までには、まだ数日かかりそうな感じです。

↑このページのトップヘ