黄色い豚@日立柏酒場裏(ライブドア・ブログ公開版)

https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda からhttps://reywa.blog.fc2.com/ (2019年8月29日以降の私のメイン・ブログ)に移行したデータを用いて、更に、ここに移行しました。 データの由来(成り立ち)の詳細は、http://reywa.weblog.to/archives/5241451.html を ご覧下さい。

記事をUPした実際の日時は、2020年12月4日23:30過ぎだが、記事の整理の都合上、2020年11月30日23:59:59とした(FC2ブログでは、記事のUP時刻は自由に設定出来る故)。

2020年11月では、関東にいなかったのは2020年11月23日の勤労感謝の日を挟んでの1週間ほどだったのだが、スケジューリングの不充分や、スケジューリングに対しての実生活上での準備不足などで、行った展覧会などは、ごく限られたもの(2日間)となった。


<凡例>

 表示の順序は、私の評価の高い順。但し、ツイデで見た同じ館もしくは近所での展覧会は、付属たる展覧会の評価に関わらず、主たるものに近い並びに置く事にする。

○=実際に見て来たもの(そのときの全精力を用いて鑑賞したと言えるもの)
●=実際に見て来たもの(一応全部を見たが、時間に追われ、説明の一部<外国語部分など>を端折ったり、疑問を残して先に進んだり、概略を鑑賞する事で先に進んだもの
▼=実際に見て来たが、時間の関係などで、展示作品の一部の鑑賞に留まったもの

 上の○のものに関して、

◎=行って来た結果、「行って良かった」と感じたもの
■=行って来たが、金銭と時間の支出に見合うものではないと感じたもの

 月初時点で使用を開始していた「ぐるっとパス」は無い。購入在庫も無く、使用を開始するには、新規購入するしかない。新規購入には、中目黒の金券屋(通常、店頭在庫は1セット)が好都合なのだが、スケジュール上、上手く組み込めるだろうか?

文字色を青としたものは、本当に素晴らしく、2020年のベスト10候補として考えられるもの。
文字色を水色としたものは、上記の青色レベルと同等のものと考えるが、様々な理由により、私の心を「動かす」にまでは至らなかったもの。
文字色を緑色としたものは、ベスト10とかの評価付けと関係無く、素晴らしいと感じ、他人様にも勧めたいと思ったもの。

この文字色のものは、見に行く価値が無いと思ってしまったもの。


 ~~~ ~~~

鑑賞の為に費やしたのは、2日間、5,000円。


◎○特別展「桃山―天下人の100年」@東京国立博物館(平成館 2F
 https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2043
 https://tsumugu.yomiuri.co.jp/momoyama2020/
◎○前期:2020年10月6日~2020年11月1日(09:30~17:00。金土は~21:00。月曜日休館) 0円(年間パスポート=メンバーズプレミアムパス で追加支出無しで入館)
◎○後期:2020年11月3日~2020年11月29日(09:30~17:00。金土は~21:00。月曜日休館) 5,000円(新規に年間パスポーート=メンバーズプレミアムパスを購入。本展単独なら、2,400円)
…鑑賞時間 4時間45分。前期、後期共に行ったが、これで展示作品の全てを見た事になるのか否か、は未確認。と云うのは、もっと細かい期間で展示替えになっているから。ちなみに、私の行ったのは、前期が2020年10月17日、後期が2020年11月14日。
 前期に見たときには、さほど心動かされなかった、Cat.no.144 狩野 山楽「紅梅図襖」に、色彩の剥落を心中で補う事で、心惹かれる事となった。


■○トーハク×びじゅチューン!「なりきり日本美術館リターンズ」@東京国立博物館(本館 特別4室・特別5室)
 https://cpcp.nich.go.jp/modules/r_free_page/index.php?id=68
 会期:2020年10月27日~2020年12月6日(09:30~17:00。金土は~21:00。月曜日休館。2020年12月26日~2021年1月1日は休館) 上記 特別展チケットで入場
…鑑賞時間 1時間半。展示されている受け身のもの(風神雷神図屏風・夏秋草図屏風」「松林図屏風」)は誰でも直ぐに思いつく様なものだし、自ら作るものの方(「八橋蒔絵螺鈿硯箱」)は操作方法の説明が雑で、限られた時間では、似た様な作品しか作れない。
 「八橋蒔絵螺鈿硯箱」については、橋、カキツバタの葉っぱ流水、花が、それぞれ回転、拡大、縮小が出来る様なので、後から考えれば、橋を回転、大きさを変えて「MERRY CHRISTMAS」の文字、カキツバタの葉っぱを上下逆転、縦横比(これが出来るか、は未検証)と大きさを変えて重ねてクリスマスツリー、花をクリスマスツリーの飾りにし、流水を風に見立てる、とかの事が出来た筈なのだが…誰か、やってくれない?



◎○リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏@サントリー美術館
 https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2020_2/
 ×前期:2020年09月30日~2020年10月26日(10:00~18:00。金土は~20:00。火曜日休館) 0円(本来は、1,500円だが、私は年間パスポート購入済み故、追加支出無しで入館可能)
◎○後期:2020年10月28日~2020年11月29日(同上) 同上
…鑑賞時間 3時間。2020年11月末(コロナによる臨時休館分の期間延長済み)で有効期限の切れる年間パスポートの期間延長(更新)は行わない事にした。 


<見に行きたいと考えていたのに、見に行けずに会期の終了した展覧会等>

×クールベと海 フランス近代 自然へのまなざし@山梨県立美術館
 https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/2020/01/post-79.html
 会期:2020年9月11日~2020年11月3日(09:00~17:00。月曜日休館) 1,000円
…2020年10月のスケジュールが、かなり厳しいものだったのだが、最終日2020年11月3日(祝日)に行くっころ積もりでいた。が、2020年11月2日の夜(日曜日と祝日に挟まれた月曜日の夜)、「鬼滅の刃」を見に行ったところ、身体のタイムスケジュールが狂った様で、翌日、朝早くには起きる事が出来ず、断念せざるを得なくなってしまった。


×財団設立70周年記念 永青文庫名品展―没後50年“美術の殿様”細川護立コレクション―@永青文庫
 http://www.eiseibunko.com/exhibition.html#2020aki
×前期:2020年09月12日~2020年10月11日(10:00~16:30。月曜日休館) 1,000円
×後期:2020年10月13日~2020年11月08日(同上) 同上
…スケジューリングの失敗。2020年10月のスケジュールがメチャメチャになってしまっていた事で、リスケジューリングに失敗した。


×特別展Ⅰ Jomon Period-縄文の美と技、成熟する社会-@茨城県立歴史館
 https://rekishikan-ibk.jp/special/post-22574/ (2020年12月4日現在、ファイル削除済み)
 会期:2020年10月10日~2020年11月29日(09:30~17:00。月曜日休館) 610円
…スケジュールに対する準備の不足。


×THIS IS JAPAN IN TOKYO@東京富士美術館
 https://www.fujibi.or.jp/thisisjapan/
×前期:2020年09月01日~2020年10月18日(10:00~17:00。月曜日休館) 1,300円
×後期:2020年10月20日~2020年11月29日(同上) 同上
…スケジュールに対する準備の不足。


×「花・華ざかり」日本画展@郷さくら美術館
 https://www.satosakura.jp/?page_id=847
 会期:2020年9月1日~2020年11月29日(10:30~17:00。月曜日休館) 500円(この展覧会に行く事で、中目黒駅前の金券屋で「ぐるっとパス」を少し安く購入し、この展覧会で使用開始する事を予定していた)
…他の展覧会より優先度を低く評価していたので、単純に時間切れとなった。

 小池 栄子が、再来年2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演する事が決定したとの報が出てます。
https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E6%A0%84%E5%AD%90%E3%81%8C-%E7%8C%9B%E5%A5%B3-%E5%8C%97%E6%9D%A1%E6%94%BF%E5%AD%90%E3%81%AB-%E4%B8%BB%E6%BC%94-%E5%B0%8F%E6%A0%97%E6%97%AC%E3%81%AF-%E6%AD%A3%E7%9B%B4%E3%81%A7%E7%86%B1%E3%81%84%E6%96%B9-%E9%8E%8C%E5%80%89%E6%AE%BF%E3%81%AE13%E4%BA%BA-%E6%96%B0%E5%87%BA%E6%BC%94%E8%80%85%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88/ar-BB1b2pCP?ocid=msedgntp
https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%E4%B8%89%E8%B0%B7%E5%A4%A7%E6%B2%B3-%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%AC%A1%E5%87%BA%E6%BC%94%E8%80%85%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%81%AF%EF%BC%94%E4%BA%BA-%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E5%81%A5-%E4%BD%90%E8%97%A4%E4%BA%8C%E6%9C%97%E3%82%82%E5%87%BA%E6%BC%94/ar-BB1b2vUj?ocid=msedgntp
など。

 これを見て、私は素直に笑ってしまった。と云うのは、NHKで大河ドラマや朝ドラの開始の際に、「50ボイス」と云う番組を組み、番宣に利用しているが、この出演者が、春風亭昇太と小池栄子で、小池栄子が盛んに「出たい」アピールを繰り返していたのを記憶していたから。

 50ボイスの相方の春風亭昇太が俳優をメインにしている訳でもないのに、何回も大河ドラマに出演するに至って、小池栄子の「出たい」アピールも強くなって来た感がある。小池栄子も主な活躍の分野を女優としての活動にシフトして来た様子なので、尚更。
 朝ドラも狙っている様子だったけれど、先ずは大河出演決定。よかったね(笑)。

 三谷幸喜氏が脚本を担当するとの事で、いつもの事ながら三谷氏がキャスティングまで口出し…って言うか、所謂「当て(宛て?)書き」をする人なので、キャスティングも含めての脚本依頼と考えていいんでしょうね。

 そういえば、今朝の「エール」の放送で、バナナマンの日村勇紀(元・NHKアナウンサーの神田愛花の夫です)が朝ドラ俳優としてデビューしちゃいました(爆)。

 東京ドイツ村では、2016年~2019年、秋には、芝桜の丘の奥、北東の調整池に続く谷にコキアを植栽し、コキアの紅葉が楽しめていました。残念ながら、2020年は、コロナ禍の所為でしょう、ここにはコキアは植栽されず終いでした(ベゴニアは植えられていました。その様子は、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5446.html にUPしてます)。
 そこで、過去に撮った画像を用いて、コキアの谷を記事にしてみようとしたのが、この記事。まとめるのに時間が掛かり、「時機を失した」として記事を作成する動機を失っていたのですが、2020年にコキアを見る事が出来なかった事で、記事を作成する動機が改めて湧き上がって来た次第。

 コキアの谷が出来たのは、2016年の事だった筈です。私は、その前の年だったか、ユンボがここで作業しているのを見つけ画像を撮った筈なのですが、その画像は見つけられず終い。ユンボ1台で全て整地したとは思いませんが、当時は「このユンボで何をする積もりなんだろう」って思ったのを憶えています。
 私は2016年の秋にも、ここを訪問しているのですが、2016年は10月の半ば過ぎに行ったところ、既にコキアの紅葉の盛りを過ぎていて、枯れて茶色になっているものもあったので、ここでは2017年の画像を用います。2017年は「体育の日」の連休を用いて訪問しました。

 コキアの谷は、場所としては、芝桜の丘から見て、奥(東北側)になります。ヤフー地図の航空画像を加工してみたのが、これ。
b286230d.jpg

赤の線で囲んだ区域が、コキア+ベゴニアが植栽されていた区域。芝桜の丘への上り口の少し右側にコキアの谷への下り口があります。自動車の通る道の左側に「コキアの谷」はあり、谷の頂上部に自動車通路が走っている形。
f6c53a90.jpg


 なお、「コキアの谷」の呼称ですが、2017年に現地にあった地図では、「コキアの丘」表記も見受けられました。
aeb24462.jpg


e5c7380b.jpg


けれど、現地には、こんな看板が。
85a2baa6.jpg


fea796b1.jpg

ここでは「コキアの谷」表記。

 で、芝桜の丘との境界部で。次の画像の左側に写っているのは、紛れもない芝桜。
5bfa7dec.jpg


 この画像は、2016年のもの。
a96c47f5.jpg

この看板が2017年にもあった事は、直ぐ上の画像から確認出来ますが、そのまま2020年にもあったか…は記憶にありません。

メイン通路の左側は、ベゴニアの植栽。
3cbf328b.jpg


 コキアが植栽されている反対側の傾斜地のところに、2017年、通路が出来ました(2016年の際にはありませんでした)。こちら側にはコキアは植栽されていないものの、対岸(対面する傾斜地)のコキアを俯瞰して眺める事が出来る様になりました。
0f3c0194.jpg

左側の林の中に伸びて行っている通路の事を言ってます。上から2番目の画像では、右側に伸びて行っている通路です。
c93d7ab0.jpg


2016年10月中旬に訪問した際に撮影した画像で、ここに「道が出来ていなかった」事を確認出来るものが無いかと探してみたのですが、当時、「ここに道が出来る」もしくは「道があって欲しい」とまでは考えが至らず、そうした証明に使える画像は殆(ほとんど)どありませんでした。辛うじて、傍証に使えそうなものは、次の2枚だけ。
941d2037.jpg


f29a5284.jpg

車(この2枚を撮影した時刻の差の間に、停車位置を変えている様にも見えますが、テントの建っている地面の様子と車の位置関係を見ると、車は移動していないとの結論に至ると考えます)が停まっている辺りの2本の木の間に通路が出来たのだろうと考えます。上の方の画像で、メイン通路脇に雨水流路として掘られた溝が、塩ビパイプに流れ込んでいるところは、2017年に撮影した画像と同じ位置でしょうか? 下の方の画像の右側に通路らしきものが伸びていない事は、証明になるでしょうか?(この画像の真偽と撮影時期は、私の保証でしかない訳ですが、それは真と前提した上で)
 …と思ったら、この周辺での塩ビパイプでのトンネル、1箇所じゃなかった(閉園時刻間際での撮影)。左に塩ビパイプの穴、二つ見える(笑)。
347f75fc.jpg

向こう側の穴の先辺りから通路を作った事になるのかな? この画像は、2017年の撮影なので、左側の先には、左側斜面へと向かう通路が見えているのですが、その左側傾斜地に伸びる通路と、手前から伸びる通路の接点がどこかのか、がはっきりとは見えていない様に思えます。
 「見えていない」と云う事は、ベゴニアの植栽の「陰になっている」と云う事で…って事は、向こう側にある穴の先に通路がある(通路の接点の手前に向こう側の穴がある。通路の下を塩ビのパイプが通ってる)と考えていいのかな? 私は、そう推測してますが。

 この通路からの眺望は、こんな感じ。
cba413a3.jpg


6bd33e80.jpg


018267f2.jpg


5aecd1ff.jpg


1407cf90.jpg


e75d4351.jpg


104db649.jpg


64c33b1e.jpg

 
 山中通路からのパノラマ画像。
14313e67.jpg


先ほど「コキアの谷の頂上部には自動車走路が」と書きましたが、その自動車走路(路側には駐車場あり)からのパノラマ画像。
c4ab443f.jpg

山中通路の様子が判ります。2017年時点では、山中通路にガードはありませんが、2020年時点では、谷側にロープが張られていますし、通路を通す為に削った崖(高さ1m以内)を丸太で覆って崩落を防ぐ様になっていました。

 山中通路と書きましたが、コキアの谷自体が緩やかに傾斜して下って行っているので、山中通路の主要部には、ほとんど傾斜がありません。
edc1fca4.jpg

尤も、山中通路も、調整池の方の端では、つづら折りになって、結構な傾斜で降りる事になります。

 下り切って、下の調整池の畔から。
d8e77008.jpg


 コキアの谷のコキア植栽側にも通路が巡っていますので、そこから。
57b5553f.jpg


9a20d333.jpg


7d8f17fc.jpg


d6170afb.jpg


dc06c395.jpg

芝桜の丘もそうですが、コキアの谷も、雑草の生育を抑える為、防草シートから植栽対象が頭を出す様か形になってます。

 コキアの谷は南南東から北に下って行く傾斜地となっていますので、午後遅くだと影になってしまう区域が多くなるのが難とも言えます。逆に言えば、昼前から午後2時くらいまでが画像を撮るのには一番いい時間帯なのかも(とは言っても、私自身はその時間帯に訪問した事がありませんので、想像で言ってるだけ。曇りのときも、影が強く出ないって事で言えば、撮影後の加工で明度を上げてやる積もりなら狙い目なのかも。尤も、遅い時間帯になると、人が少ないってメリットが出て来ます。
 ちなみに、この記事の画像は、一部トリミングや顔の部分を白抜きしてある他は、一切の明度操作も彩度操作も行っていません。

人が少なくなってからの画像。曇って来ていた様で、影が濃く出ていない事、そして、日照が弱い事で色彩の明度が下がり、赤が濃く出て来た様に感じました。
f3657a65.jpg


2つ上の画像と較べてみましょう(再掲載)。こちらが、時刻の早い方。
d6170afb.jpg


 その他、時刻が遅くなって、人も少なくなり、色も濃い目になっての画像。
3601ee87.jpg


2386a2c4.jpg


2ba135ae.jpg


 なお、直ぐ上の3枚よりは時刻が少し早い撮影ですが、観覧車の上(日照がコキアの谷よりは遅くまで届きます)からも、コキアの谷が見えます。2枚上の画像で、コキアの植栽されている傾斜地の上に観覧車が見えていますが、「観覧車が見えてる」って事は、多くの場合(人の目の位置と、地表部にある足の位置の違いはありますが)、「観覧車からも見える」って事です。
e7463860.jpg


2fa88758.jpg

↑このページのトップヘ