黄色い豚@日立柏酒場裏(ライブドア・ブログ公開版)

https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda からhttps://reywa.blog.fc2.com/ (2019年8月29日以降の私のメイン・ブログ)に移行したデータを用いて、更に、ここに移行しました。 データの由来(成り立ち)の詳細は、http://reywa.weblog.to/archives/5241451.html を ご覧下さい。

 先日、コメントでタイトルの様な意見を頂きました。再検討して見ましたが、取り敢えず、自分の考えを見直してみると云う事で、最初にコメント欄に書こうとしたもの(250字の制限にかかって更新出来ませんでした)を元に掲載してみます(コメントを頂いて、もう2日も経ってしまっていますし)。まずは第一稿です(随時、修正して行きます)。ご批判をお待ちします。

  私も今回の法案には非常に問題が多いと思っています。骨抜きに近いものと考えています。もし民主党が、民営化の方向で対案を提出して来たら、その実現まで数年かかるものであっても飛びついたでしょう。しかし、民主党マニフェストの対案にも納得出来ない今、「民営化」と言う方向をしっかりと意思表示すべく今は一歩を進めるべきときと考えています。法案の問題点については、なるべく直ぐに是正出来る体制で、取り組むしかないと思います。
 日本人は熱しやすく、冷めやすいと言われます。私は最近、日本人がある問題にいっとき全力で取り組む事は、もしかしたら日本人の強さかも知れないと思い直す様になりました。そのときこそ、日本全体の議論を統合する機会なのかも知れないと。例えば、今春、みんながみんなライブドア対フジテレビの問題に夢中になり、考えた事は、日本でのその類の論争の質を一段高めた様な気がしています。
 今は郵政民営化が、その論点になってはいます。選挙をこんな事で選んでいいのか?と云う意見はあると思います。であれば、国会議員は国民投票法を早急に作るべきでしょう。憲法改正作業だって、国民投票が出来なければ先には進みようがありません。
 反対であろうと賛成であろうと、国民が自分の意思をしっかりと今回の選挙で示す事、それこそが重要なのだと思います。自民党が圧勝したところで、今回の郵政民営化法案を再度提出して可決出来るか?は非常に怪しいと言わざるを得ません。参院は、そのままなのですから。
 今回、郵政民営化が最大の問題であり、それを推進すべきとする者は自民党に、そうでない者(今は時期尚早としたり、他の争点の方が大事とするものを含みます)は民主党に、と言った図式が出来つつあるのかも知れません。であれば、はっきりと国民の総意を示す事が出来ると考えています。大きな方向としては、私は民主党の考え方。しかし、今回は郵政民営化の意思表示を行い、それが総意である事がはっきりする形で現れたなら、民主党もその方向で検討を進めて貰いたいと考えています。
 また、郵政民営化がもし実現したなら、官公労(本当に関係する団体は、JPU【旧・全逓】と全郵政だけの筈ですが、その人数の大きさから、郵政改革への意見に関しては、官公労を牛耳っています)の影響を過度に受けているとも思われる現在の民主党の姿を変革する事にも繋がります。私は民主党の改革の為にも、郵政民営化の方向をしっかりと示す投票行動を採りたいと考えています。


報道から。

① 国民新党が候補者を公募。これはいいのだが、公募の審査のための論文の議題が、何と!「刺客と教育」。アホかいな~。国民新党のHPで要項などを見る事が出来ます。
http://www.kokumin.biz/
朝日新聞2005年8月18日夕刊第10面によると、作成したのは亀井静香事務所。HPの一部を抜粋してみますね。

4.公募方法
応募者は、公募締切日までに、以下の書類を郵送または持参ください。
1) 履歴書 1通(形式自由、3ヶ月以内に撮影の顔写真貼付のこと)
2) 住民票 1通
3) 小論文 (以下のテーマからいずれか1つ)
テーマ1.「刺客」と教育
テーマ2.なぜ国民新党(国民)の候補者公募に応募したのか
※400字詰め原稿用紙4~8枚・ワープロ可
※提出書類は返却いたしません。ご了承ください。

5.公募期間
平成17年8月19日(金)~8月23日(火)
※締切日当日の消印有効

② 郵政民営化法案に反対票を投じ、自民党からの公認を貰えず、対立候補を立てられた、熊代昭彦氏(岡山2区)。対立候補とは、今まで岡山市長だった、荻原誠司氏なのだが、両者は今まで協力関係にあり、後援会の構成メンバーが重なっている事から、後援会の中に、熊代氏に対し、「衆院選から降りて、萩原氏の後任として岡山市長選に立候補」する様、要請する動きがある、との事。
→ 熊代氏、衆院選への立候補断念と岡山市長選への出馬を19 Aug 2005表明。

******************

以下は、トンデモニュースではないのですが、

③ ライブドア社長堀江貴文氏、無所属で広島6区(亀井静香氏の立候補予定の小選挙区)からの出馬を表明。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050819-00000005-yom-pol
自民党は、同区に自民党からの対立候補を立てない事で側面支援の構え(TBS)。

いやぁ、自民党が政権を取っても、民主党が政権を取っても不利にならないポジションを確保し、更に言えば、落選したところで、自分がしっかりとライブドアの広告塔となる姿勢、感服しちゃいます。でも、選挙期間中のインターネットでの活動には制限がありますよ(民主党が原則撤廃を主張)。選挙後、公職選挙法違反で告発されない様、気をつけてね。

④ TV朝日の報道によると、選挙カーのスピーカーは電力を大きく食うので、エンジンからの電力だけではクーラーを賄えない。従って、通常、クーラーは使わない、との事。
→ 暑さの中でダウンする候補者も、いるかな?綿貫さん、大丈夫?殉職しない様に頑張って下さい。


① 安倍晋三・自民党幹事長代行が2005年8月18日12時台にテレビ朝日の討論番組に出演して、次の趣旨の発言「中選挙区制の下では、同一政党から複数の候補が出馬するという状況でもあり、『党の主張はこうだが、私個人は別の考えである』と言う事が許された。しかし、小選挙区制の現在は、政党への投票は総理大臣を選ぶ事でもあり、そう云った事は許されない。今回、郵政民営化法案に反対した人達は『中選挙区制の残滓』」(『中選挙区制の残滓』の言葉は、安倍氏の発言のまま)

② ①と同じ番組で、民主党・管氏(選挙に関連する肩書きがあるそうだが、忘れた)の次の趣旨の発言「かつて、郵便貯金は○百万円までしか預け入れが出来なかった。それが○百万円、…、1000万円と拡大し、肥大して行ったのであり、民主党の意見は、昔に肥大した郵便貯金を元に戻そうと云うだけの事」

③ TVで何度も報じられたものだが、公明党幹部(誰だか、忘れた)が国民新党を評して「『選挙互助会政党』が国民の支持を得られるとは思わない」


↑このページのトップヘ