黄色い豚@日立柏酒場裏(ライブドア・ブログ公開版)

https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda からhttps://reywa.blog.fc2.com/ (2019年8月29日以降の私のメイン・ブログ)に移行したデータを用いて、更に、ここに移行しました。 データの由来(成り立ち)の詳細は、http://reywa.weblog.to/archives/5241451.html を ご覧下さい。

NHKスタジオパーク閉館を発表、9月予定から前倒し サービスは他施設への移転検討
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-00000166-spnannex-ent
(2020年5月11日16:44配信)

て記事がありました。1964年の東京オリンピックを契機に出来たNHK放送センター(他の放送局なら、東京本社。スタジオ施設を含む)にある施設ですが、その建替工事(神宮外苑への移転を検討された事もありましたが、現地点での建替が決定しました)に伴い、2020年9月末日での閉館を発表していたものが、

(1)東京オリンピック2020の延期に伴うリスケジュール
(2)新型コロナウイルス感染防止の為、現在も臨時休館中である事

から、閉館を発表した由。

 この事で思い起こされるのは、ワープステーション江戸(茨城県 つくばみらい市)。2020年3月31日を以て、一般公開を「終了」しています。

 ワープステーション江戸は、かつては、地元自治体(当初は、伊奈町。2006年3月27日に谷和原村と合併し、つくばみらい市に)も出資した第3セクターとして発足した施設で、最初はテーマパークだったらしい。でも、2002年に一度破綻し、時代劇の撮影に使える屋外施設(スタジオ代替施設)として利用されて来ました。内部から全く電線などが見えないのが特徴で、ここを一度訪問しておくと、時代劇で出て来るたびに、「ああ、あそこか」って判るもの。TBS緑ヶ丘スタジオなんかも同じ様な事が起こります。比較的見分け難いのが、「千葉県立房総のむら」(成田市、栄町。江戸時代以前のロケに使えるのは、栄町区域)だったりしますが、ワープステーション江戸は、分かり易い。
訪問した事の無い方でも、NHKの番組で、協力として「つくばみらい市のみなさん」なんて表記があるのは、ワープステーション江戸での撮影と推測出来ます(「みなさん」表記があるのは、エキストラとしての協力ゆえ)。

 ワープステーション江戸は、当初、第3セクター(「株式会社メディアパークつくば」」)として発足しましたが、2002年に経営破綻したそうです。その後、「茨城県開発公社」が所有し、運営主体を株式会社 大新東に変え、ロケ施設としても利用していました。その後、運営主体をNHK関連会社のNHKエンタープライズに変え、2007年4月1日~2010年3月31日まで営業したものの、赤字解消の目処が立たず、2012年4月1日付でNHKエンタープライズに売却されたそうです(https://ja.wikipedia.org/wiki/ワープステーション江戸 FC2では、URLに2バイト文字が入ったときに、その直前までしかリンクがされないので、コピペしてお使い下さい)。私は、2010年に初めて訪問した様で、その後、2013年に訪問して、ゲート部分までしか入れなかったときに、比較記事を書いてます(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4049.html )。
 その後、2019年1月26日に、近現代エリア(電柱と電線があります‼️ 少しレトロなやつ。ほとんどのところは、通電していないと思います)が一般公開された(出来たのは、2018年の由。上記wikipedia及び、https://www.sankei.com/entertainments/news/180710/ent1807100004-n1.html 参照。一般公開が遅れたのは、「いだてん」の撮影で利用されていた為)、などのニュース(https://www.asahi.com/articles/ASM1Y41RJM1YUJHB005.html 、https://www.youtube.com/watch?v=g-_ZU1cqVCM など)もあったのですが、2020年3月31日を以て一般公開は終了しました(https://www.warpstationedo.com/ )。恐らく、その前からコロナウイルス感染拡大防止の為に、閉園していたものと想像しますが、私にとっては知らないうちに一般公開が終了してしまっていた次第。私が最後に訪問したのは、2013年7月となってしまいました。とは言っても、今後も、イベントとして限定された日に内部を公開する事はあるそうです。

 現在、同施設は、駐車場(2020年5月12日現在でヤフー地図の航空画像を見ると、2019年春の撮影と思われますが、まだ敷地内に跡は見られます)の区域も含め、ゲートで一般入場を制限しています(実は、2020年のGW後に駐車場のトイレを借りようと前を通ってみた際、一般公開終了の看板があり、知りました)。敷地内には、つくばみらい市立歴史館と云う、広報施設の様なものもあったのですが、その手前で締め切られていました。
 2013年7月の段階でも、つくばみらい市立歴史館は営業(無料でしたが)継続していたのですが、同館の敷地、駐車場も含めて、NHKエンタープライズの所有となっているのでしょう。既に、その建物も取り壊されているとは推測しますが、航空画像では似た様な位置に瓦屋根のある建物(同館もそうでした)があり、判別出来ません。
 

 2020年5月9日、前日放送の「チコちゃんに叱られる!」の録画を見ていて、「チコ」って実際に呼ばれている女の子がいるとしたら、本名は何なのだろう?って考えた。勿論、そのまま本名もチコって子もいるのかも知れないが(数年前からの命名には、ホントにいそうな気もする…)。

 で、チコの本名の可能性として、サチコを思いついた。で、「さっちゃん」の歌も思い出した。

さっちゃんはね 

さちこって 言うんだ ホントはね

だけど ちっちゃいから

自分のこと さっちゃんて呼ぶんだよ

おかしいな さっちゃん



が1番の歌詞らしい。「おかしいな」の部分以外は、私の記憶は正確だった。

 で、ここから展開してみる戯(ざ)れ歌。ど~でもいいんだけどね(笑)。


チコちゃんはね

サチコって言うんだ ホントはね

だけど ちっちゃいから

自分のこと チコって呼ぶんだよ

ぼーっと生きてるね チコちゃん



チコちゃんはね 

もぉっとちっちゃいときは ホントはね

ほかの人から さっちゃんて呼ばれてたんだ

出世した? チコちゃん(この部分「さっちゃん」でも可)



(あの「チコちゃん」以外のサチコ)

チコちゃんはね 

もぉっとちっちゃいときは ホントはね

ほかの人から さっちゃんて呼ばれてたんだ

テレビの所為(せい)ね チコちゃん(この部分「さっちゃん」でも可)



(いい年したサチコ)

チコちゃんはね

ちょおっと前まで ホントはね

ほかの人から さっちゃんて呼ばれてたんだ

テレビの所為(せい)ね チコちゃん(この部分「さっちゃん」でも可)



 ~~~ ~~~

 この「サッちゃん」の本来の歌詞を検索する過程で、4番以降に替え歌とも取れるものを付加したものがあるのを知った。これは、日本の歌の五七調にも原因がある。多くの歌が5と7の音節の数によるリズムを以て構成されている為に、簡単に歌詞が創造出来、また、他の歌の歌詞がそのまま他の歌に当てはめる事が出来たりする。

 例えば、水戸黄門の歌(「人生楽ありゃ、苦もあるさ~♪」)のメロディラインをそのままに「どんぐりころころ どんぶらこ~♪」の歌詞を歌い切る事が出来るし、この様な事は結構多くの歌の間で可能だったりする。

 この五七調の成立について、かつて大野晋(国語学者。私は、この方を本居宣長以来の業績で、本居宣長を遙かに超えると考える。かつて大野晋の下に付く事も考え、学習院大学 国文学科を第三志望に受験しようかと考えた事もあったが、私は文学自体には何の興味も無いので、もしものときのリスクを考え、諦めた)が書いた雑稿(文庫本に所収されている)で、「自分で試みてみたが、脚韻は日本語には無理」と書いていた事がある。が、今やラッパーの皆さんがその場でいとも容易く(と見えるだけかも知れないが)脚韻を鮮やかに踏んでみせる。自分の才や経験の範囲で、理論的な事を言うべきではない、って事例。


 ~~~ ~~~

<付記>

 なお、本居宣長は、古事記(江戸時代までの長い間、伊勢神宮に秘蔵されていた期間が長く、それまでの日本で一般的に知られていた文献では無かった。江戸時代でも本居宣長より前は、偽書論も根強かった)の音韻構成(アイウオエオの各母音に現在では甲音と乙音と呼ばれる2音ずつがあり、古事記の万葉仮名は、その別に従っている事)を以て、古事記が偽書でない事を示した。が、現在、古事記のこの表記は、きちんと甲音、乙音の別を示す部分と、そうでない部分(完全に従っていない訳ではなく、甲乙音の別が混濁している。原著者の別に拠るとする考えが一般的)がある事が判明している。また、古事記序文の不合理さ(後の時代の用語や事実などが入っている。これが偽書論の大きな論拠となっていた)は、そのまま。

 古事記が一旦成立した後に、後の時代などに編集(編纂。改竄)を受け、編集(改竄)された後の写本が現在に伝わっている可能性を否定し切る事は出来ない。

 緊急事態宣言で、2020年5月6日までの期間を2020年5月31日までに延長した際、美術館などに対して「感染防止策を採った上で緩和」とされ、例えば、茨城県立近代美術館では2020年5月12日から開館する(http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/ )。しかし、茨城県立近代美術館での「感染防止対策」は、

(1) 発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方は,
入館をご遠慮くださいますようお願いします。
(2) マスクの着用をお願いいたします。
(3) 滞在時間は,2時間を目安にしてください。
(4) 人と人との間隔はできるだけ2メートル以上空けて
ください。混雑の際は,入場制限をする場合もございます。
(5) 近接した距離での会話等はお控えください。


の5つ(http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/images/index/20200507/bousitaisaku.pdf )。マスク着用…理解は出来るんだが、私の場合、眼鏡を着用してる。すると…マスクを着用した場合、眼鏡が曇ってしまい、詳細を見る様なものには向かない。だから、車などの運転の際には、必ずマスクを外す事にしてる(まあ、同乗者も通常いないしw)。

 マスクは、ワイヤーの入った側が上になる様に着用するのが正しい着け方で、ワイヤーを顔に沿った形に変形させる(曲げる)事で、隙間を少なくし、周囲の隙間からの空気の取り入れを少なくしなければならない。「マスク着用が感染防止に役立たない」とされるのは、この周囲の隙間からの空気の取り込みが多いのが最大の理由(医療用マスクは、この周囲からの空気の流入を防ぐが、それ故に、顔に食い込み、場合によっては痛みを感じるほどで、また息苦しく感じるのが普通)。一方、既に感染している者が他人に感染させない為には、飛沫をマスクが受け止める為に、ある程度は有効とされる。

 私の場合、どうマスクを変形させてみても、吐く息が上に漏れて、眼鏡が曇ってしまう。これで美術鑑賞なんて、かなりの割合の時間、眼鏡が曇ってしまい、目を通じての鑑賞は困難。眼鏡を外気から遮断するゴーグルの様なものを身に付ければ大丈夫なのかも知れないが、まだ、そうしたものを入手出来ずにいる(スキー用のものはあるが、確か、紫外線遮断用に色が入っていた筈。また、スキー用は、外部の動きだけを認識出来ればOKなので、周囲や真ん中の視野が結構遮られている)。

 マスク着用が義務とされているうちは、「私の場合」美術館に行けないかも…。下手すると、2~3年(私は、新型コロナウイルスの流行は、その程度は継続すると考えている。根拠は、スペイン風邪の流行期間)、最悪は以後ずっと(今まで有効なコロナウイルスに対するワクチンは存在していない。SARSワクチンは一旦完成したものの、ADE=Antibody Enhancemennt=抗体依存性感染増大 などにより有効性が確認出来なかった筈。また、今まで知られているコロナウイルスの抗体免疫は、再感染を有効に防ぐ事が出来ず、1年のうちに再感染する事もある、など)マスクが鑑賞に必要とされたら、眼鏡の曇り止めを実用性高く行う方策が出来るまで、私は美術館に行けないかも知れない。
 …美術鑑賞のときだけ、コンタクトレンズを着用する、ってのは実用的なんだろか? 浮世絵などの場合は、比較的顔を作品に近づけて鑑賞すので、眼鏡を外す事も多く、そうした対応はコンタクトレンズには困難だろうと考えるんだが。

↑このページのトップヘ