黄色い豚@日立柏酒場裏(ライブドア・ブログ公開版)

https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda からhttps://reywa.blog.fc2.com/ (2019年8月29日以降の私のメイン・ブログ)に移行したデータを用いて、更に、ここに移行しました。 データの由来(成り立ち)の詳細は、http://reywa.weblog.to/archives/5241451.html を ご覧下さい。

 別に目新しい内容では無い人も多いとは思いますが…拡散用の記事。

 新型コロナウィルスでの臨時休校に際し、小学館「日本の歴史」全24巻が、2020年3月11日~2020年4月12日の期間限定ではありますが、無料配信されています(https://kids-km3.shogakukan.co.jp/ )。

 私にとっては、今まで、内容の膨大さから読もうとした事さえ無かったものなのですが(1巻たりとも読んだ事は無い)…今回、全巻読破を目指してみようかな?

 照手桃ってのは、日照の環境なんかによって、個体ごとに開花期に大きな差異のあるものではあります。けれど、2020年3月19日、私の見ていた照手桃の個体で、開花が始まりました。前日には蕾が大きくなっていたものの、1日で開花まで至るとは予想を超えてました。

 なお、同日、ムスカリも開花してるのを発見。ムスカリってのは、早咲きなら1月にでも咲いているものがあるものですが、考えてみれば、私が今2020年シーズンで初めて目にしたムスカリでした。

 ツイデに言えば、三協フロンテア柏スタジアム(旧・日立柏サッカー場)の東脇にある枝垂れ桜も、2020年3月17日には開花していました。多くのソメイヨシノはまだ開花していない状況(少なくとも、あかね緑地のソメイヨシノは開花していませんでした)で、ここの枝垂れ桜が開花していたのは、驚き。私の記憶では、例年だと、ソメイヨシノに少し遅れて、ここの枝垂れ桜が開花している様に思っていたから。 尤も、

日立柏サッカー場前の枝垂れ桜がソメイヨシノに先行して咲き始めた!(2006年3月25日)
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-362.html
(2006年3月26日UP)

なんて記事もあり、2006年には、ここの枝垂れ桜がソメイヨシノに先行して咲いた事もあったのは確実。

 枝垂れ桜であって開花の早いものはあり、例年、あかね緑地の南脇にある枝垂れ桜は結構早く開花します(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4921.html 参照)。今年2020年も、2020年3月15日には、既に見頃になってました。


 ~~~ ~~~

<2020年3月21日の追記>

 なお、古河公方公園(旧称は、古河総合公園)の桃は、2020年3月20日現在、既に満開を迎えているそうです(https://dajyaresensei.hatenablog.com/entry/2020/03/20/223801 参照)。私の当ブログ内での過去記事 https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-2754.html 、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-2755.html なども考え合わせると、例年、どうやら柏市で照手桃が咲き始めるタイミング(咲き始めた「翌日」ならば、確実?)で、古河公方公園の桃が満開になっているらしい。

 一昨日2020年3月17日に見付けたのですが、チューリップが赤い福寿草(そんなものありません。福寿草は、黄色です)であるかの様にして咲いていました。背丈もかなり低く、10cmに満たない時点での開花。それもあって、福寿草を連想させたのです(ここで私がイメージしてるのは、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4889.html の画像の様なもの)。
d9ed7c00.jpg

この画像の左側の芽は、ユリだった様で、翌々日2020年3月19日までには、明らかにユリの芽と判る形状で、高さ5cm程度までに急成長してました。

 少し茎が見える、近くの別の個体。
7fc02d01.jpg

PCの画面の大きさによっては、実物より大きく表示されちゃってるかも知れません(私のPCの場合、そう)。こんなに小さい段階でチューリップが開花するものだとは、私は今まで思ってもいませんでした。気候の所為かも知れませんが、園芸品種(日本に咲いているチューリップで、原種なんて先ず無いでしょうから、園芸品種と言ってます)の特徴なのかも知れません。

 これがチューリップ(の園芸種の一つ)である事は確実。葉っぱなども地中海性気候の春に合わせて、降雨量の多い(蒸散量も多い)形ですし。但し、この場所のチューリップで咲いているのは、この種だけである事から園芸種として固定されたときに早咲きの性質を持ったものなんでしょう。他のチューリップの咲く時期と較べるのはどうかとも思います。
 でも、この種類に限って言えば、開花はこの2個体だけではなく、他にも開花しているものがありました。いずれも、赤い花。

 なお、チューリップって傾熱性を持っている(温度の高いときには花弁が開き、気温の低いときには花弁が閉じる)ので、翌々日2020年3月19日の気温の高くなった時点では、こんな感じに。
6ce6a29e.jpg


a762d285.jpg


 ツイデに言えば、例年、通常のチューリップはソメイヨシノの開花の1週間後くらいに開花していたのですが、ソメイヨシノの早咲きのものは、同日2020年3月17日までに開花していましたし、通常のものも、2020年3月19日には開花していました(靖国神社の標準木での「開花」基準の様に5輪あったか否かは不明ですが、1個体で2~3輪は確実に咲いてました)。

 早咲きのソメイヨシノの2020年3月17日。
9cd4db74.jpg


 ~~~ ~~~

<2020年3月25日追記>

 上に書いた園芸種とは別の園芸種(恐らく、もっとありふれたもの)のチューリップがで柏市内で咲いているのを、2020年3月25日に見付けました。 

↑このページのトップヘ