今の日本の新聞は、公正中立を標榜するものが多い。けど、朝日、読売、毎日だけを見ても、個性があるのが判ると思う。日経に至っては、ミーハー路線そのもの。

 けど、み~んな知っておくべきなのは、その新聞の個々の政治記者には色が付いている、って事。
 渡辺恒雄(読売グループ本社会長)は田中派の中で育ち、あるときから中曽根を推して、中曽根政権下では与党新聞として振る舞った人。ある時代には記者と云うより政界のプレイヤーそのものとして振る舞って来た人。宮沢内閣の成立と崩壊に当たっては、朝日記者に有力な一人がいて、長年影響力を行使して来たし、崩壊するに当たっては、その人が見限ったところからマスコミの一斉攻撃が始まった。
 同じ様に、森喜朗は産経記者と仲が良いし、中川秀直は日経の政治記者と結び付いてる。だから、安倍氏の出馬表明?と云う記事は、各メディアが、みんな同じ様に聞いていたのに、中川氏からの指示で日経がスクープ扱いで書いた。政治のコメントはそのものを聞いているだけでは、どうしてこの記事になるのか?が不明なものばっかりだ。
 そうした勢力図を知っておいて新聞記事を読んだ方がいい。と同時に、新聞にはバランス(転んだときの用心と言い換えた方がいいかも知れん)を取る為に、同じ社の中に別の勢力を抱えていたりもする。最近の朝日や週刊朝日で安倍氏寄りの記事を書いている記者は、こうした人たち。

 あんまりナイーブ(純粋)に新聞記事なんかを読んでいない方がいいと思うぞ。