昨日2019年4月18日、満開の三春の滝桜に行って来ました。実は、2019年4月13日、福島県立美術館に伊藤若冲展を見に行った帰りにも、同所に寄ってみたのですが、その際は、3分咲きとの事で、寂しいもので、「なんだ、こんなものか」って思ったのが第一印象。しかし、「日本三大桜とされているものが、そんなもので終わるものではないだろう」との思いが残り、2019年4月17日の朝6時時点で三春町観光協会が満開とのアナウンスをしたのを契機に、昨日2019年4月18日に再訪問したもの。ライトアップを見て、08:40過ぎ、現地を出て、高速でのルートにも飽きたので、今まで通った事もない市町村(棚倉町以北)を通って、一般道で帰って来たのですが、茨城県大子町以南は、今まで何度も通った事のあるルート(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5000.htmll 参照)。

 大子町~栃木県 那珂川町の、昼間通ると長閑(のどか)な感じのする道路も、深夜だと照明灯の無い道路はなかなかに緊張感を感じるものではありました。で、深夜に掛かっていたので、そう混雑もしないだろうと考え、国道4号線ではなく、より直線距離に近い国道294号線を南下して帰って来ました。

 そこで発見したのは、2018年度中に、国道294号線の守谷以北茨城県区間の片側2車線化が完了していた事。圏央道の東北道(久喜白岡JCT)~常磐道(つくばJCT)の完成を見込み工事が進められて来た、国道294号線の片側2車線化が2018年度中(~2019年3月末日)い、少なくとも、守谷以北(確認済みなのは、取手市にある乙子交差点の立体交差以北)では、完了している事を確認しました。常総市辺りでは、暫定的に片側1車線になっている様な工事をしていましたが、飽くまで暫定的な工事だと考えます。片側2車線化自体は完了しているものと考えています。