ミンミンゼミ(ミンミンの部分は、当てる漢字、あるのかな?)が鳴いているのを、2019年7月31日05:40過ぎ(=さっき)、確認しました。短時間で鳴き止んだけど。

 今シーズン2019年シーズンでは、

セミが鳴いてる?@千葉県 柏市
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5187.html
https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda/65308484.html
(2019年7月24日UP)

や、その翌日UPの

蝉が鳴いている姿の現認前に、蝉の姿を視認した@千葉県 柏市
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5188.html
https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda/65308850.html

なんて記事をUPしてましたが、ミンミン蝉の鳴き声は柏市内では今シーズン初めて聞きました。

 なお、後者の蝉でない事は確認済み(既に、最初の場所にいなくなっていましたから)。

 後者の油蝉にしても、今回のミンミン蝉にしても、蝉の鳴き声が継続せず、直ぐ鳴き止むのが気になるけど、これは、季節的な要因(「鳴き始め」って事)なのか? 東日本大震災時の放射性物質(放射能)降下の影響が今になって顕現されてるんどえなければ、いいのだけれど(蝉が7年間地中にいるとして、2012年に卵から孵化したとして、2012年の夏~秋だったら、柏市内では、まだ放射性物質はあちこちにあっただろうから。柏市内の除染は公的区域だけであって、まだ民家などでは、ある程度高い値を示している区域もあるかも知れない)。