ヤフー・ブログの記事の更新停止が2019年9月1日、ヤフー・ブログの閲覧停止(サービスの停止)が2019年12月15日、となる中、また、新たにヤフーの運営するサービスの終了を知りました。

「ネタりか」が、2019年10月16日でサービスを終了するそうです。

ネタりか TOPページ https://netallica.yahoo.co.jp/
wikipediaでの解説 https://ja.wikipedia.org/wiki/ネタりか

終了は、2019年7月26日に発表された様です(https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/26/news129.html のUP日付から判断)。

 私はネタりかってものは、結構昔から知ってはいたものの、これが終了する事を知って、運営主体を確認したら、ヤフーだった。だから、ヤフーの運営だって知ったのは、さっき(笑)。

 ヤフーの場合、どういう構想の下に、各種サービスを運営しているのか、全体像が見えないのだけれど、ネタりかのユーザ間の連結機能(ソーシャル機能)は、ヤフー・ニュース・アプリなどのユーザ・コメントの機能なんかで代替して行く積もりなのかな? ヤフー・ニュースのコメントなんて、初期設定で表示されるのが3件程度で、そこにばかり評価が行ってしまう。件セクすれば、コメントは沢山出て来るものの、整理されていないものなので、読みにくい事、この上ない。しかも、コメントは、画面に触ったなどの操作ミスでUPされてしまう1つのボタンだけの操作でのUPだし、UPされたら最後、修正も削除も出来ないもの。こんな機能、本当に必要とする人がいるのか疑問だし、満足する人なんかいないだろう。宣伝に対しての反応を見るならいい機能かも知れないが、ヤフー・ニュースってニュースでしょ?

 ヤフーのサービスは、機能毎に、スマホのアプリなんかも切り分けられているので、使いにくい事、この上無い。それに、アプリを入れすぎると、スマホのメモリなんかも食われてしまうので、何でもかんでもインストール出来る訳でもなく、インストールするアプリは限られる。私の場合、昔のサイズの小さなメモリを使い続けてるので、アプリの総数は125程度(幾分かはアンインストール。製品出荷時にインストールされているものが77、私がダウンロード後インストールしたものが48)。