お笑い芸人のチュートリアル 徳井義実の脱税が発覚した。FNNによる特ダネで、2012~2015年は、経費計上の水増し、2015~2017年(2018年)までは「無申告」で、申告漏れは7年間1億2千万円に上ると言う。2012~2015年分を所得隠しとして2千万円、2016~2017年(2018年)は申告漏れとして1億円を認定した模様。追徴課税額は、過去3年分に遡り、約3,700万円とされる。
https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/チュート徳井「仕事続けさせて」所得隠しは「怠慢により納税できず」深夜の会見/ar-AAJg65H?ocid=spartanntp#page=2
税金対策で個人事務所を作りながら無申告と言うのは、かなり悪質な事例。私としては、「もう徳井の顔など、見たくない」てのが偽らざる気持ち。TVから消え失せても何とも思わない。次長課長の河本準一が、母親を扶養せず、生活保護対象にしていた事で、現在でも一部深夜番組でしかTVに登場できていないのと較べて、もし、徳井義実がTVに出続けていられるとしたら、衡平を欠くと感じる。

 それにしても…徳井義実は「いだてん」にも出演すると言う。「どこに出てたっけ?」と調べてみたら、バレーボール全日本(ニチボー)監督の大松 博文 役で、出演は、全て、これからの回。とは言え、「いだてん」自体は、2019年10月1日に撮了しており、編集で調整出来る部分はあるにしろ、撮り直しは、ほぼ不可能。かと言って、他人の顔(例:アニメにするとか、大松本人の画像からのイメージを当てはめるとか)を画像に当てはめて編集出来るほどの技術力は、まだ今のNHKには無かろう。また、大松博文に触れずに、1964年東京オリンピック大会を描くのも困難。
 NHKとしちゃ、「いだてん」第3部(1964年東京オリンピック開催に向けて)を放送するに当たり、苦慮してるのは目に見える様な事態。フジテレビ(FNN)としては、「他人の不幸は蜜の味」と云った気分に違いない。「NHKが放送を差し止めないので、こちらも横並びで」てな言い訳も出来るかも知れないし、差し替えもNHKと較べれば、楽。損害賠償請求も、損害額の見積もりも楽だし、同局としては大した金額にならない。「フジテレビがNHKを陥れる為に、敢えて、このタイミングで発表したんじゃないか」とも、つい疑ってしまうほどの絶妙なタイミング。