ヤフー・ブログが更新停止をする間際から、私は「はてなブログ」を非公開記事(日記に類する私的な記録の類い)の格納ブログとして使用して来ました。日記ならば、スマホの日記アプリなどを使い、クラウド保存で対応すれば足りるのですが、中には一覧にしておきたいものがある。Office365などでクラウドでデータを保存し、ファイル(中にはデータベース管理が適当なものもあるのですが、データ入力の手間を考えると、ブログの方が容易かと…)を更新して行く事も考えたのですが、私的に毎月の料金が掛かるのは、少々痛い。

 そこで、無料のブログで、スマホからもアクセス(閲覧+更新)が出来るものが望ましい。2019年8月までは、一つのヤフー・ブログに対して、非公開記事としてUPし更新する事で対応して来たのですが、2019年9月頃からは、「はてなブログ」を利用して来ました。ですが、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5324.html に書いた様な事情で、別のブログへの引っ越しを検討している次第。

 「何がいいのかなぁ?」て事で、検討経過を記して置く為のメモが、この記事です。


<条件>  今後、追加して行く可能性大。

 (1) 無料である事

  有料版があるブログでも、無料版の範囲で、私が運用して行ける事


 (2) PCからもスマホからも、閲覧出来るだけでなく、更新も同様に出来る事


<検討経過>

FC2

 (1) 公開でのメイン・ブログを運用している都合からも、一番、楽なのだが、現状では、メイン・ブログとの切り替えに、アカウントを切り替える必要がある。アカウントの切り替えが煩わしく、ときに混同してしまう可能性がある。混同してUPしてしまった場合、非公開であるべき情報が、公開されてしまうリスクがあり、これは何としても避けたい。


アメーバ・ブログ

 論外。

 (1) 非公開記事の管理方法を持っておらず、下書きで運用するしかない。

 (2) プログラマーの自主的な改変・改善を認めている様で、プログラムが安定していない。常時運用には向かない。


ライブドア・ブログ

 (1)機能的に、仕様上での問題は、ほとんど無い。

    問題点としては、記事をUPした当初に、リッチテキスト・エディタの設定をしていたか、シンプル(テキスト)・エディタの設定をしていたかにより、その後のメンテ場面でも、そのエディタで行う様になる事。現在の設定でメンテ出来る訳ではない。しかも、その差は、記憶していない限りは、「記事を編集」画面で開いてみて、初めて判る事。そこに(2)の事が加わり、事態を多少複雑にする。

 (2) 移行ブログ検討の際にも最大の問題点として、この事で、候補から除外したのだが、プログラマーの自主的な改変・改善を認めている様で、プログラムが安定していない。常時の運用には向かない。



Seesaaブログ

 (1) 最近、プログラムの安定性が落ちて来た。運用の核心に関わる部分で不安定性を感じる事がある。

 (2) 3ヶ月ログインが無い場合、アカウントが削除される(規約に明記)される事から、データを永続的に格納する場所としては向かないのだが、残敵的なデータ入力用ブログとしては意味がある。細かなエクスポートの設定が出来るので、一度、Seesaaブログに格納して、1ヶ月に一度程度、データをエクスポートし、他ブログにインポートしてもいいかも知れない。

 (3)(1)以外の問題点として、ブログのディレクトリを限定公開にする事は出来るのだが、記事を非公開にしてしまうと、自分自身も、記事編集画面でしか閲覧出来なくなる。記事を公開にしてしまうと、ディレクトリを非公開にしていても、記事をダイレクトに指定(プログラムで機械的に探り当てる事は可能)されてしまうと、閲覧出来てしまう。

 
Blogger(Google運営)

 (1) PCでの更新がスマホ版に反映されるのに遅延が生ずるなど、Google全体に共通する問題点(Googleでは、パスワードの変更も、全てのプラットフォームに直ちには反映されない)があり、実用に耐えない。


goo

 2020年1月8日朝に、トイレの中で試してみた。直ぐに退会。動きもスムーズで(はてなとの大きな違い)機能的に大きな不満は無いが、

 (1) カテゴリー毎非公開にしたり、限定公開にしたり出来るが、同じカテゴリーの中で公開記事と非公開記事を扱う事が出来ない。と云うか、そもそも非公開記事の考え方がブログ上に無く、下書きか、アプリ内でデータを保存するか、しか考えていない。所詮、ブログは公開を前提としたものであり、非公開記事を一緒に管理するのが前提を外れた考えなのか、と少し落ち込んだ。

 (2) 非公開記事を多数格納する事を考えておらず、管理方法にパワー不足を感じた。

 他のブログで管理し切れない場合、次善の選択肢の一つ。運営の善し悪し(プログラムの安定性など)は未だ分からない(この点で、未だライブドア・ブログとの湯列は付けがたいのかも)。

 (3) 関心のある分野を最初に選ばせるが、これだけで勝手に他人様のブログをフォローする事になるのには、驚きを通り越して、呆れた。


tumblr

 2020年1月7日に一度試してみたが、直ぐに(1時間もしないうちに)退会した。非公開記事の扱いについての不満だった筈だが、一晩寝たら、詳細不明に。そもそも非公開記事の考えが無かった様な記憶…。

 動きは、gooなどに較べると多少遅いが、はてなやAmebaよりは機敏。


jugem

 2019年8月頃に一度試してみた事があるが、直ぐに(1時間もしないうちに)退会した。詳細理由は、今となっては不明。、恐らく、非公開記事の扱いに難があった(非公開記事の管理方法を一切持っていない?)と思われる。


 ~~~ ~~~

<2020年1月11日の追記>

 2020年1月11日午後に発生した、はてなブログPC版でのバグ(不具合)によりPC版では入力出来なくなっていた(スマホ版からは入力出来た)のを機に、私の運用を変更しました。はてなブログ非公開版への入力は、2020年1月11日を以て停止しました。はてなブログ非公開版は、将来(2020年2月を考えている)、削除する積もりです。

 取り敢えず、次の様な運用で行きたいと考えています。

 Seesaaブログの非公開版に入力 → 1ヶ月毎のバッチ処理で、前月分データをライブドア・ブログの非公開版にデータ移行
 FC2非公開ブログにデータ入力 → 1ヶ月毎のバッチ処理で、前月分データをSeesaaの非公開版とライブドア・ブログの非公開版にデータ移行

「Seesaaブログに入力」から、「FC2ブログに入力」に変更したのは、Seesaaブログでも「改行を<br/>タグに変換する」との設定があるのですが、上手く機能していない不具合が発生している様子が見え、この様な部分で不具合があると、入力の手間が増えると考えたから。それに「3ヶ月ログインしないとアカウントが削除される」事を考え合わせたろき、入力ブログとしておくのに不安を感じた事もあります。
 実は、私はFC2の非公開版は、自分のブログながらパスワードの入力で上手く開けた例が無い。スマホでなら、言わずもがな。これ故、閲覧と編集のシームレスな行き来には、ほど遠いのですが、入力の容易さと安心で、取り敢えずは、この運用で行きたいと考えています。

 非公開版と公開版を間違えやすい事も、大きな問題であり、編集(既存の記事に対して行う)の際には大丈夫ではあっても、記事を新たにUPする際には、間違い易い。現に、2020年1月11日夜に、記事を初めてUPする際も間違えて、FC2公開版の方へ一度記事をUPしてしまい、エクスポート/インポートでデータ移行したほど。


 入力をライブドア・ブログにしなかった理由は、

(1) 2020年1月11日時点でも、ライブドア・ブログにバグが発生している事が確認出来たので、従来からプログラムの不安定性に嫌気が差していた事も鑑みて、入力ブログに適さないと判断。

(2) 入力の仕方が、記事をUPした当初の設定が、リッチテキスト・エディタだったか、シンプル・エディタだったかによって大きく違い、現在の設定によって一律に決定される訳ではない事。継続して書き続けて行く運用には向かないと判断した。

今後の検討事項…毎月のバッチ処理での移行を、FC2ブログの非公開版(目的は、データのバックアップ)に対しても行うか、否か。カテゴリの設定基準が大きく異なるのが、問題と言えば、問題。



 ~~~ ~~~

<2020年1月12日追記>

 FC2の2つのブログで運用していると、やはりIDの切り替えの手間は、少々煩わしく感じますし、混同の可能性もあります。

 ここはもう、ブログに限定する事無く、PCやスマホで共通して使える日記アプリやクラウド・アプリ(One Noteなど)も検討対象に含めて考えた方がいいのかも知れません。切り分け(分野別に一覧出来る事)と統合(日にち毎に、各種活動を統合して見れる事+検索)が上手く出来るソフトがいいなぁ…。