千葉県 柏市では、金木犀(キンモクセイ)の新芽が揃って来ているのを2020年3月1日までには確認していたのですが、2020年3月4日に見たところ、その芽が5cm未満程度の長さまで伸びているのを確認しました。

 以前も、これと同様の記事をUPした経緯があり、検索してみると、

2017年 → 3月21日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4471.html )
2018年 → 3月26日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4924.html )
2019年 → 不明
2020年 → 3月04日(当記事)

となり、ここ数年で較べても、かなりの早さと判ります。私の場合、近所にいくらでもキンモクセイの樹がありますので、気付かないままで1週間も経過する様な事は無いかと思います。そこで、この日付は観察記録としては、それなりの正確さを持っていると思います。

 なお、キンモクセイに較べると、私の身近とも言えない樹であるハクモクレンは、2020年3月4日現在、陽当たりのよいところでは、もう咲きそうになっている(蕾の大きさもその程度だし、もう白く色づいていた)のを見た一方、建物の北側になっているところでは、まだ咲くのに時間が掛かりそうなもの(まだ蕾も小振りで、色も緑色)もありました。