私は高血圧の薬を処方して貰うために、1ヶ月半程度の時間を措いて、医者に行くのだが…先日、かかりつけの内科開業医のところに行ったら、結構空いていた。いつもは、行く度に風邪などでの患者が溢(あふ)れていて、「却(かえ)って感染しちゃうんじゃないか…」なんて思う事が通例だったのに、今回は、そんな感じで会ったのは、子供1名のみ。親に連れられて来ていて、注射を打たれる際の「待って!待って~っ!」との泣き声混じりの絶叫が待合室まで響き渡っていて…微笑ましく感じた(←変? まあ、注射で対応されるって事は、新型コロナウィルスとは無関係だって事だろう)。

 で、そこから門前薬局に行ったところ、「空いてたでしょう?」と声を掛けられた。話して知ったところでは、新型コロナウィルスの影響で、みな「医者に来るのを我慢している」らしい(←飽くまで、その人の見立て)。我慢で何とかなるものなのか?とも思うが、2020年3月に入ってからは、開業医レベルでは待合室が閑散としているみたい。

 「医療崩壊」なるものを懸念していたのに、ちょっと拍子抜け。医師には応召義務なるものがあるので、いざとなったら、開業医でも徴用しちゃえば良い訳かな?(爆)


 ~~~ ~~~

<2020年3月10日追記>

 2020年3月9日に、かっぱ寿司 流山店に行ってみたところ、結構な混みようでした。学校が臨時休校になっているので、例年の春休みと同様の事態が生じているのかと考えます。例年、春休みは回転寿司屋にとっては、かき入れ時となります。