考えてみれば、まだ4月初旬なんだが…八重桜が咲き始めているのを、昨日2020年4月4日に見掛けました。実は「八重桜」と云う品種は無く、花弁が八重になっている桜を総称して八重桜と呼ぶ故、咲く時期は例年4月中旬からGWの始まる頃までにばらけています。それが「咲き始め」とは云え、この時期に見られる事に驚きました。

 まあ、例年、ソメイヨシノの散る時期に八重桜は咲き始めるものですから…とは思ってみても、今年のソメイヨシノは、下手するとまだ充分見頃に見えるところも多いのは不思議な事で、例年より長く咲いている様にも思えます。

 柏市周辺でソメイヨシノの咲いているのを私がはっきりと認識したのは、2020年3月16日か、2020年3月17日でした(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5408.html 参照)。この例は早咲きの個体(ソメイヨシノではあると思います)でしたが、多くの個体でも、2020年3月18日には咲き始めました。そして、ソメイヨシノを集団として見た場合、柏市周辺では2020年3月28日には満開に至ったと思います(この前日、2020年3月27日の未明に車で見て回った際には、まだ満開には至っていない個体が多く見られました。蕾の方が多い枝も見受けられましたから)、さくら通りとされる通りを見て回った際には、)。2020年3月29日は降雪のあった日曜日ですが、私が夜明けから2時間程度(出発時は雨、2時間経っても、まだ目に見える降雪の無かった時間帯)で車で見て回った際には、さくら通りとされる通りの多くで、散り始めの花弁が見え、道端が花弁で埋まっていたのを覚えています。

 しかし…2020年4月4~5日に至っても、まだ「見頃」の様に見える個体も多いのは不思議な事。明らかにソメイヨシノでない早咲きの桜は、2020年3月29日までにはほとんど散っていますし、2020年4月4日時点では、既に葉桜の体(てい)であるものが多かった様に見えました。

 けれど…2020年4月4日の時点でちょっと見ただけで言えば、早咲きのソメイヨシノは、かなり寂しくなって来た(例:さくら通りの新柏4丁目交差点側)とは言え、まだまだ見頃に見えるソメイヨシノも多いです。私は、少し不思議に感じています。今年、咲いた後で、気温の低い日があった為に花が長持(保)ちしたのかも知れません。が、もしかしたら、葉っぱが出て来るのが開花に較べて遅れている故に、「見頃」の期間が長引いている可能性もあります。

 かつて、日本の桜は短期間で散ってしまうけれども、外国では、日本の桜を移植したものでも、結構長持ちして見頃期間が長いと聞いた事があります。日本の変わって来た気候パターンが、桜の見頃を長くする方向に作用しているのだとしたら、少し嬉しい事ではありますが…さて?

 なお、チューリップも多くの園芸種が咲いています。三協フロンテア柏スタジアム(旧・日立柏サッカー場)のある日立総合グラウンド正門前の枝垂れ桜は、ソメイヨシノに先行して咲き始める個体があるのですが、多くの個体ではソメイヨシノに少し遅れて咲いている様です。が、既に満開に見えます。


 ~~~ ~~~

参考情報…私が2020年3月27日、2020年3月29日に車で見て回った桜通り

https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-3116.html に記載しているもののうち、

 新柏さくら通り(柏市)
 柏市 常盤台の桜(柏市)
 六高台の桜通り(松戸市)
 松戸市 五香~常盤平~八柱の、さくら通り(松戸市)
 八柱霊園南側の桜通り(松戸市)
 八ヶ崎の桜通り(松戸市)
 小金原の二つの桜通り(南北に走るものと東西に走るものの二つ。松戸市)


 ~~~ ~~~

<2020年4月5日追記>

各地で「桜が長く咲いている」事を書いた、こんな記事もありました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00010000-soon-l09