黄色い豚@日立柏酒場裏(ライブドア・ブログ公開版)

https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda からhttps://reywa.blog.fc2.com/ (2019年8月29日以降の私のメイン・ブログ)に移行したデータを用いて、更に、ここに移行しました。 データの由来(成り立ち)の詳細は、http://reywa.weblog.to/archives/5241451.html を ご覧下さい。

カテゴリ: 新型コロナウィルス肺炎

岐阜県で「エレベータ利用で新型コロナウィルスに感染した」事例が出た疑い、との報道があった。
https://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/岐阜のクラスター、入居ビルのエレベーター利用者も感染か/ar-BB12lFi3?ocid=spartanntp
FC2ブログの場合、2バイト文字が入った部分から後のURLにはリンクが適用されないので、コピペしてお使い下さい。

 しかしながら、台湾では、既に2003年のSARSの段階で、エレベータの壁面(ボタンを含む)に触った事での接触感染が確認されていて、エレベータが感染場所になり得るのは、既知の事の筈。何を今更、って気がするんだが、知らない人もいるんだろうな、きっと。

 だからこそ、一般住宅よりは、マンションの方が感染リスクは高くなるし、タワーマンションの場合、感染リスクは更に高くなる(感染者がいなければ、マンションだろうが、タワーマンションだろうが、大丈夫なんだが)。マンションの場合、扉なんかを触る事があるだろうし、オートロックのボタンや、エレベータなんかが感染場所になる可能性がある。タワーマンションの場合、そこを通る人数が増える事でのリスク増大(入り口やエレベータ)と、他のマンションと違って、廊下が内廊下である場合が多い故のリスクもある(神経質に言えば、玄関ドアを開けるだけで、廊下の空気は入って来る訳で…注意深く、人の往来が20分以上無い事を監視してから、なんてやっていれば、リスクは低くなるかも知れないが)。


 ~~~ ~~~

 もっと神経質に、理論的な事を言っちゃいましょうか?

 タバコの煙は、喫煙者の重症化リスクを高めるだけでなく、受動喫煙者の感染リスクも高めます。タバコの煙は、ブラウン運動で、空気中をふわふわ漂う訳ですが、この煙に、エアロゾル・レベルの微小飛沫が結合する場合もあり得ます。タバコの殺菌作用? ウィルスは菌ではない訳ですが、所謂「殺菌作用」で不活性化する場合もあるでしょうが、タバコの煙は一律の成分じゃありません。ウィルスに結合しない成分も、消毒されちゃう場合もあるでしょうが、そうでないものもあり得ます。コロナウィルスが+-の極性を示すのか否か知りませんし、タバコのどの成分が+-の極性を示すのか知りませんが、極性があれば(水分子は極性を持ちますが、飛沫レベルでは、極性は無いと考えます)、その一端に取り付く可能性が高まりますし、極性が無くとも、中には結合しちゃうものもいるでしょう。

 感染学者がかつて語った記事では、飛沫は2m程度で届かなくなる、それに、コロナウィルスは直ぐにエンヴェロープが壊れて不活性化する、なんて語ってた方もいらっしゃいましたが、人間の口からエアロゾルレベルの飛沫が飛ぶ事を知らない、大昔の教科書レベルのお話。今は、飛沫がどう飛ぶか、きちんと光線を調整してカメラで撮影出来るんですよ。それに、エンヴェロープが壊れて不活性化しちゃうのは事実でしょうが、学者さんが何百、もしかしたら何千と探してエンヴェロープの壊れていないウィルスを探した努力は認めるにしても、ウィルス(たとえ飛沫でも)なんて、何百、何千のレベルじゃなく排出される訳で、その中のいくつがあれば感染させちゃう事が出来るのか…って考えれば、「私が非常に苦労した。それほど活性化するウィルスは少ないんだ」って言っても、何の慰めにもなりません。


 だから、タバコの煙のあるところは、理論的には、タバコの煙の無いところより、感染リスクは高まる道理(これも、感染者が近くにいなければ、感染する事は無い道理ですが…どこにいて、どこにいなかったか、が判らないのが今の状況)。オマケに、飲食店なんかで、タバコを吸う人は、タバコを吸わない人に較べ、長く店内にいる傾向があるのは明らかですので、店内でタバコを吸っている人が感染者だった場合、リスクが更に高まるのは道理。私としちゃ、「喫煙を許可する飲食店は休止、休止したくないのなら喫煙出来ない様に」した方が良いとは思いますが、まあ今は、政府の発表だと「普通に暮らしていれば、感染する可能性は低い」そうですから。

 私も、自分で調理出来る範囲は限られてるので、買い物だけして、後は自宅で調理…って訳には行きません。出来るのは、1日1食の蕎麦程度。で、外食すれば、ときにタバコの煙に出会う事もあります。出来るだけ禁煙の店を選ぶ様にしています(私は、非喫煙者です)が、ものによっては、喫煙者のいる店を選ぶ事もあります。いつも同じものでは、飽きるので。飲食店で食事が来るまではマスクをして待つなんてしてません。食べるんだから、マスクもしないで行きます(行くのは車)。
 知ってはいても、実際は、その程度です。後は個人の、どれだけリスクを避けるか、って問題。


 ~~~ ~~~

 なお、聞いて驚いたのですが、マンション管理会社の中には、緊急事態宣言が出たときは、管理人の派遣(駐在…って言うのかな)を取りやめるところがあるそうですね。私の聞いたものは、東急リバブル系列のところの話ですが、予め業務委託契約に書いてあるなら、そうした場合の管理人の給与負担についても取り決められているんでしょうが、私は、管理人の給与負担がどうなっているのか(例えば、会社理由として休業手当が出て、それが管理会社側か管理組合側のいずれの負担になるのか、それとも、その分、管理人に全く給与が支払われないのか)、気になります。
 

 ~~~ ~~~

 最後に。まだマンションのエレベータで感染した、って確かめられた例は、日本では確認されていません。

 今のところ、集団感染が明らかになっている接待飲食業で私の知っているのは、歌舞伎町、岐阜市(どうせ柳ヶ瀬でしょう)、千葉中央駅前などであり(大阪市にもある様ですが、大阪市ったって広い)、先ずは、そうしたところの感染原因を探っている段階でしょう。上で書いているものは、飽くまで理論的なもの(まあ、理論的である分、常識的な結論だと思いますが)。

 私も気を付けちゃいるんだけど、エレベータ(マンションにしかエレベータが無い、って訳じゃない)のボタンを指で触っちゃう事はあります。そうした場合は、出来るだけ速やかに手を洗う様にしてます。何か、他のもので触る様にはしてますが、そうした場合、出来るだけ速く消毒する様にしてます(スマホも、私のものは水洗い出来るし…スマホで触った場合、角だけ洗えば、良かろう?)。「ボタンは他人に押させる」って手もありますが、私は、そんな卑怯な事はしない積もり(笑)。その他人様が感染者であるリスクもある訳ですしね。それよりは出来るだけ、人のいないエレベータを選んじゃいます(爆)。


 ~~~ ~~~

 無闇に他人様を怖がらせる積もりは無いのですが、だからと言って、意味も無く安心させるだけの、お話には同調する積もりはありません。

 「正しく恐れろ」とは言いますが、何が正しいのか、を適確に教えてくれる何かも無い訳で(笑)。そう言ってるあなたの発言を慎重に検討してみると、おかしなところはいくらでも出て来るものです(特に、その場で発言してるものは)。勿論、私だって同じ事。明確に話そうとすると、そこに間違いが混じる可能性は高いです(私の場合は、無知からの場合が多い)し、かと言って、曖昧にしておけば、何を言ってるのか判らなくなるだけです(例えば、「ウィルスが死ぬ」なんて表現をする方は、何のレベルの話をしたいのか、私には判らない。恐らく不活性化=感染させる事が無い、って話だろうな、と推測するだけです)。

 私としちゃ、出来るだけ明確に、根拠も含めて書いておいて、間違いがあったら(間違いが見つかったら)、迅速に正す、って姿勢でいようと思ってます。


 ~~~ ~~~

<付記>

 上記の分で一度UPしたのですが、「ウィルスが生きている」「ウィルスが死ぬ」のどこが変なのか、が判らない人もいるでしょうし、エンヴェロープ云々が判らない人もいる筈なので、付記します。


(1) 「ウィルスが生きている」「ウィルスが死ぬ」について

 ウィルスは細胞とは違って、RNAもしくはDNAの欠片(かけら)です。それだけで所謂「生命活動」とされる化学的な変化を起こしませんし、増殖もしません。ですので、ウィルスは「生命」ではないとされる事もあります(私は、その立場)。但し、宿主の細胞に入り込む事で、その細胞の活動を変容させ、ウィルスが「増殖」する事になります。この事から、ウィルスは生命ではないとされる事もある代物。ですので、「生きている」も「死んでいる」も無い訳です。
 BSEの原因と考えられているプリオンは、RNAでも無い、タダのタンパク質なので、もっと不思議な代物で、プリオンも「生きている」も「死んでいる」も無い代物。が、RNAは遺伝情報を持つ分だけ、分かり易い。

 ウィルスは下手すると、結晶の中で何千年でもそのままで存続し、結晶から取り出した際に、感染させる事さえ出来る代物(とされてますが、誰も「何千年」レベルでの実験はしていないw)。核酸、下手するとRNAなら宇宙でも自然に生成され得るとの説もあるほどで、生命が生み出される前にRNAがあって生命へと進んだとの、RNAワールド仮説ってものもあります(だから、火星なんかに生命が見つかったら、それはスゴイ事だけど、同時に「火星ウィルス」などの心配も出て来る)。

 それぞれ、wikipediaのウィルスの項やRNAワールドの項を参照して頂ければ、もっと詳しい説明があります。

 ともあれ、「生きている」も「死んでいる」も無い代物なので、その表現を使われると戸惑ってしまう。「3時間生存する」とかね。そこで、合理的にこちらで解釈し直すしか無い訳。

 恐らくは、そうした表現で言う「ウィルスが死ぬ」と言うのは、「不活化(不活性化)」とイコールなんでしょう。具体的に言えば「感染しない」「感染する力を失う」って事。

 この点で、最近少し話題になった、小松左京・原作の映画「復活の日」をU-Nextで見てみたのですが,「氷点下何度でウィルスが増殖を始める」とか言っていて(そういう設定で)、笑ってしまいました。私には、あの映画、現実味のあるものとは思えなかった。あまりに杜撰。公開当時見ていなかったのですが、見てなくて正解。今見たのは、失敗(時間の無駄)。


(2)エンヴェロープ(エンベロープ;envelope)について

 ウィルスにはDNAタイプとRNAタイプがありますが、外側に膜を持つものと膜を持たないものがあります。この外側の膜をエンヴェロープと呼んでます。エンヴェロープを壊されると、エンヴェロープ・ウィルスは感染する力を失うとされています(詳しい仕組みは、私は知らない。なんでだろ?細胞側のレセプターと結び付くものがエンヴェロープに存在してるから?)。より詳しい情報は、wikipediaの「エンベロープ(ウィルス)」の項にあります。

 でもって、エンヴェロープを壊すには、エタノールや有機溶媒、石鹸などで容易に破壊出来ます。エタノールが無くても、石鹸で充分。一方、エンヴェロープを持たないノロウィルスなんかは、エタノールなんかじゃ本当は意味が無いらしい(クスン…)。
 

アメリカNYCブロンクス動物園でマレートラが新型コロナウィルスに感染。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-35151896-cnn-int

咳の症状が現れて検査を行ったので「感染」に間違いなさそうです。他に、トラやライオンで呼吸器の症状を発症しているとの事。どうやら、ネコ科の動物には感染するみたいです(中国での無茶な実験結果はありましたが)。まあ、ネコ類だって、ACE2受容体はあるからねぇ。
 下手すると、野良猫も感染を媒介してたりして…?

 野良猫が動かなくなって空咳をしていたら、注意した方がいいのかも知れない。保健所に連絡するかどうか、は躊躇われるけど(そのまま安楽死させられちゃうかも知れないし、きちんと情報を伝えないと、捕まえる人が新型コロナウィルスに感染するかも知れないし)。

 そのうち、感染者の行動履歴なんかに「ネコを外飼い」とか「2020年4月2日 うずくまっていた野良猫をなでた」とかも出て来たりするのかな?
 うちの家の中で飼ってるピューマ(←大ウソ)も、心配。もし、私が感染して入院する事になったら、餌を食えなくなっちまって、空腹で、窓や何かを突き破って、外に出ちゃうかも知れん…。ちなみに、名前はアディダス。名前を呼んだら、おとなしくなると思うから、もし見付けたら、よろしくね。


 ~~~ ~~~

<追記>

TBS系で2020年4月12日に放送された「情熱大陸」では、ウィルス学者の河岡義裕氏を取り上げていましたが、そこで、ハムスターには新型コロナウィルス(SARS=CoV-2)が感染する事が実験で確認されたと伝えていたそうです(https://news.yahoo.co.jp/byline/mizushimahiroaki/20200413-00172975/ )。

 さて…芸能関係者で、先行して新型コロナウィルスに感染する者は…って言えば、既に、志村けんが新型コロナウィルスで死亡している。死亡は高齢者が先行した訳だが、感染は、どこから始まるか判らない。とは言え、志村けんの場合は、「今から考えれば」行動に問題があったのは明らか(第一に、毎晩、ガールズバーやその他のバーなどの接待飲食業の形態の店舗で飲み歩いていた事。第二に、重症化リスクの高いとされる喫煙者、しかもヘビースモーカーであった事。第三に、更に加えて、高齢者であった事)であり、不思議なところは無い。何事も、後から振り返れば必然に見えてしまう事がいかに多い事か…そのときは、「大丈夫だぁ~」と思うものなんだよね。

 で、誰が先行して感染するか、は判らないとしても、拡がるリスクの高い集団として直ぐに思い当たるものは、いくつかある。日々、夜に酒盛りをしている集団。また、夜の接待飲食業に、周辺の者と連れだって出掛ける様な人々(演歌歌手でも、直ぐに何人か思い当たる)や、所謂パリピ(パーティピープル)も、その類い。

 ここで私が吉本興業を敢えて取り上げるのには、理由がある。吉本興業の場合、雇用なのか何なのか不明確である契約(芸人を個人事業主と考えないとおかしくなる報酬額ゆえ、推測でしかないが、課税処理は、そちらの方式で行われているだろう。簡単に言えば、報酬の2割の事前控除)で、「これから」の芸人の場合、出演しても出演時間分(ほんの数分間に過ぎない場合も出て来る)の最低賃金分の賃金しか支払わない様に見える場合(1回の出演につき、数十円とか数百円とか)も多く、それを補うかの様に「先輩が後輩が酒食をおごる」と云う文化がある事。この酒食が、会食もしくは酒盛りの場である事が多い事は、よく聞くところ。

 であれば、誰かが新型コロナウィルスに感染して、気付かずにいる場合(新型コロナウィルスでは感染しても無自覚の段階がある様だ)、速やかに感染は拡がる。そして、企業(吉本興業)内で、上から下までその文化で染まっていれば、これ自体、既にクラスター(本来の意味で「集団」であり、ここではその意味)として把握出来、ここに感染者が入れば、速やかに感染は拡散する。行動変容が求められるところだが、さて…行動変容を行った途端に、生活に困難を来す者が増える。バイトに更に励むにしても、今はバイトの機会も限定されつつあるし、バイトで芸人が社会に広く晒される事は感染の機会を増やす事でもあり、そうすると酒食でなくとも拡散の機会の多い、この集団(相方がいる場合、ある程度の声を張り上げての練習が必要であり、多くの場合、かなりの近距離で行われる。また、若手の場合、相方と同居している例も多い)では、感染の拡がり易さから、蔓延し易いのは簡単に想定出来る事。

 和田アキ子をツイデで挙げたのは、夜な夜な酒盛りに興じているとの、新型コロナウィルス流行前の伝聞情報から。そして、行動パターンに変化が無ければ、同じ事。まあ、こちらは行動変容を求められる人数が少ないので、その人たちが変わればいいだけ。吉本興業の様に、行動変容したところで困った事にはならない筈。


~~~ ~~~

 うちわの会合でも、新型コロナウィルスの感染が起こっている例を示すものとして

クラスター発生で二転三転する阪神タイガースの罪
https://news.livedoor.com/article/detail/18059224/


 ~~~ ~~~

<2020年4月4日追記>

 吉本興業所属の「森三中」黒沢かずこさん(41歳なんですね)が、新型コロナウィルスに感染している事が発表されました。2020年3月21日に発症、2020年4月1日に検体採取、2020年4月3日に陽性の判定が通知された由。ちょっと意外なところから感染判明が始まりましたが、吉本興業に感染が蔓延するのにそう時間は掛からないのではないか、と推測します。

 ところで…TV東京系「きらきらアフロTM」で、新型コロナウィルス感染対策として、観客を入れない替わりに、黒沢かずこや、「森三中」メンバー3人を出してました。この収録がいつだったのか判りませんが、同時に出演していた笑福亭鶴場や松嶋尚美は大丈夫なのかな? 鶴瓶に感染すると、結構影響はデカイと思う(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5400.html で述べていた事から)。

Japanese Primeminister Shinzo ABE anounced the condrete action policy for the FIRST time yesterday, 1 April 2020. He anounced the Japanese government will deliver 2 masks per an adress.

Many Japanese people believe this announce as a bad April Fool joke, but it WAS NOT a joke. wnnn…

BOOOOOO!

 当たり前の事しか書きません。新型コロナウィルス(ウィルスはSARS-CoV-2、この感染症はCIVID-2019)についての私の記事は、既に、そのときの私の認識を書く場となってしまっています。私は感染症についての特段の知見がある訳でもなく、安全衛生に関する国家資格を持つと言えど…第1種安全衛生管理者(爆)。何の専門知識でもありません。一般知識のチェックに等しい資格。しかも、資格取得は30年ほど前で、その後は、一度も資格更新の為のチェックと云ったものも無く、今に至っています。
 そして…私は、かつて印刷業(かつて勤務していた会社の一部に、そうした現場を持っていた)での癌の特異な発生形態を有意差を以て検証出来る事に気付いていながら、それを更に検証し続けて原因に至るどころか、途中で諦め、転職してしまった者でもあります(申し訳ありませんm(_ _)m これを行うには、業界を大きく繋ぐ協力が不可欠であり、私には力不足でした。現在は、原因も判明しています。それで全てか?を検証する力もデータも、今の私には、ありませんが)。また、鉄工業(これに属する職域も、会社の中にありました)で肝臓癌が有意差を以て検証出来そうだとも感じており、これは微小鉄粉の吸い込みが原因だろうと考えています。肝臓に鉄が溜まる事による肝硬変 → 肝臓癌の経過でしょう。生姜(作用機序の概略は、2000年前後に証明されています。生姜の成分が、細胞に有害な作用を及ぼし、それに対する防御機能が、有害作用を上回る為。故に過剰摂取は有害です)エキスのサプリメントの過剰摂取による、肝臓への鉄分沈着 → 肝硬変 → 肝臓癌、と同様の流れだろうと考えています。が、これとて、実証しないままに終わっている(今では、実証されているのか否か、不明ですが、先ず間違い無い論理の流れだと私は信じています)。微力と言うか、無力に等しい者です。

 さて…ここでの標題は、「2020年4月は、新型コロナウィルス感染の分岐点になる」。当たり前とも言えます。今目の前にある局面こそ、私たちが何かを出来る地点であり、現在と云う時点しか私たちは変えようが無い訳ですから。過去を変える力は誰にもありませんし、未来は現在の結果でしかありません。

 けれど、私は、そんな事を言ってる訳じゃない。確かに、1ヶ月を経過すれば、何かは変わっているでしょう。が、それ以上に、日本の3~4月と云うのは、

(1)高校の卒業による就職、進学(大学・専門学校などへの入学)
(2)大学・大学院・専門学校などの卒業・就職
(3)人事異動

の3つの要因で、人が大きく移動する時期だからです(多くの場合、引っ越しを伴う)。今まで、通勤や出張や旅行などで人が移動し、クラスターの種というか、房と云うか、その端緒が植え付けられて来た訳ですが、そこから拡散していた感染がかき混ぜられる。

 何も感染が拡がっていないのなら、かき混ぜられたところで、何も変化はありません。けれど、水の中に墨かインクがぽつぽつと垂らされただけの状態でかき混ぜれば、墨やインクは薄まりこそすれ、全体に拡がります。ウィルスの場合、宿主に感染すれば増殖するのですから、薄まる事は無く、拡散されればそこを塗りつぶして行く様な効果を持ちます。

 国立感染症研究所クラスター分析班は、自分達の仕事を「感染の全数を掴む事」とは認識していません。あたかもサンプル・チェックから、感染の全体像を推測する事の様に認識しています。この事は、2020年3月30日の小池百合子・東京都知事の会見に出て来たクラスター分析班の長の言葉でも明らか(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5415.html 参照)。

 であれば、2020年4月の感染者数の数字は、これをあぶり出す結果になる筈です。
 東京都のPCR検査数は、2020年3月26日になって初めて、東京都内でのPCR検査の一日当たりの実施件数が100件に達しました。今までの最大検査件数は2020年3月29日の330件の様です。2020年3月31日の実施件数は、まだ、この表に上がって来ていませんw (https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ の右上2つ目の「検査実施件数」で確認出来ます。なお、この値には「医療機関が保険適用で行った検査は含まれていない」そうですが、そうした保険適用の検査総数は不明です)。なお、保険適用での検査のルートを全ての医療機関が持っているのかは不明で、未だ「検査して貰えない」と云った声もあります(医療機関が検査不要と判断したが、受診者だけが要求している事例もあるでしょう)し、一方では、軽症でも検査して貰えて陽性確認となった、日本サッカー協会・会長の田嶋幸三氏の例や、ヴィッセル神戸の酒井高徳氏とその周辺の者、また別分野で宮藤官九郎氏の例もあります(これらの者が、保健所経由でなく保険適用での検査であった確証はありませんが、そう推測出来ると考えます)。
 また、東京都だけでなく、他府県での感染者が増えて行く事でも、クラスター解析班で解明されたルート、もしくは解明されていない事からでも、「かき回された」結果として捉える事の出来る分が推定出来る事もある筈。

 懸念は…PCR検査云々ではなく、死者数が目に見えて増大してしまう事。PCR検査数を上回り、新型コロナウィルスと確定出来ないままの新規死者数が増大して行く可能性もあります。新型コロナウィルスによる死亡なのか、否か、も確定出来ないままで、ね。
 私としちゃ、ここ10年の月別の肺炎を原因とする死亡者数の値と、今年の肺炎を原因とする死亡者数の値が知りたいところ。極端に今年の死亡者数が増えているなら、差は新型コロナウィルスによる死亡者数と大雑把に推定出来ます。一方、そうした総数に大きな変化が無いなら、心配する事も無いのかも…とは思います。が、そうした集計結果さえ、簡単に出て来ないのではないか、と考えています。

 今の方式は、私には余りにもユルユルに見えます。多くの人も、そう考えているのではないでしょうか?何が起こっているのか、はっきりと掴めない。
 PCR検査数が少ない事については、臨床検査技師の技量により限定される事と、P4施設云々と言っていますが、そのうちに、P4施設よりも外の方が、ウィルスがあちこちに見られる様になるかも知れません。そうなるまでに、そう時間は掛からないかもよ(笑)。

 

↑このページのトップヘ