黄色い豚@日立柏酒場裏(ライブドア・ブログ公開版)

https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda からhttps://reywa.blog.fc2.com/ (2019年8月29日以降の私のメイン・ブログ)に移行したデータを用いて、更に、ここに移行しました。 データの由来(成り立ち)の詳細は、http://reywa.weblog.to/archives/5241451.html を ご覧下さい。

カテゴリ: 未分類

 今までヤフー・ブログの1記事の文字数制限2万字に掛かる毎に記事を分けていたが、FC2の記事には文字数制限が無いので、1年分を1記事とする積もり。


<前年分記事>

2018年10月~2019年2月に読んだ本
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4991.html
(2018年10月8日UP)

2019年3-12月に読んだ本
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5099.html
(2019年3月27日UP)


<2020年1月>

芹沢銈介の三十六通の手紙(式内潔眞宛) 海野 雅央・編著(2018年)
…我孫子市立白樺文学館の企画展「芹沢銈介の装幀」(2019年11月27日~2020年1月26日。https://www.city.abiko.chiba.jp/event/shiseki_bunkazai/shirakaba/tenji/tennjijyouhou.html#cms014A8 、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5332.html )を見た際に館内で展示されていたものを通読。 


恋はつづくよどこまでも ##1-7 円城寺 マキ・作(2016-2019年;フラワーコミックス;小学館)
…TVで放映中ゆえ、第1巻がauブックパスで期間限定で無料提供されていたので、それを読み、第2巻は、kindleでの無料提供で。3巻以降は、kindle(有料)で通読。

つまり好きって言いたいんだけど、 #1 円城寺 マキ・作2020年1月;フラワーコミックスα;小学館)
…第1話と第2話が期間限定で無料配信されていた。で、その2話分を読んだ後で第1巻(今のところ、これしか刊行されていないらしい。5話分)をkindleで。


4分間のマリーゴールド ##2-3 キリエ・作(2017-2018年;小学館)
…kindle版。

4分間のマリーゴールド #1 キリエ・作(2017年;小学館)
…2019年12月にYahoo! Comicsか何かで期間限定で無料配信されていたのを読んでいた(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5099.html )が、##2-3を通読した後で、再読。i今度はkindleの期間限定無料配信版。

HERO~4分間のマリーゴー-ルドbefore~ キリエ・作(2019年;小学館)
…kindle版。


ちはやふる #43 末次 由起・作(2019年12月;BE・LOVEコミックス;講談社)
…何かで発売通知を受け取っていた筈なのだが…直ぐに読まなかった為、読むのが、こんな時期になってしまった。kndle版で通読。第44巻は、2020年5月13日発売の由。


東京の空間人類学 陳内 秀信・著(原著 1985年;文庫所収 1992年;ちくま学芸文庫)
…数ヶ月前に購入(2019年10月1日頃と思っていた)した本かと思っていたが、2019年12月25日 紀伊國屋書店セブンパーク アリオ柏店で大量購入(1万7千円超)した本の1冊だった。電車内なんかで、ちまちま読んでいたが、最後にはpp.196~332を食事しながら3時間ほど掛けて読了。
 日本橋川の海運橋ってのが出て来て、第一国立銀行なんかが袂に建っていたらしいのだが、位置が分からない。現在の豊海橋の前身?

 茨城県天心記念五浦美術館の展覧会では、私の場合、2019年7月20日~2019年9月1日の会期で開催されていた「入江明日香-心より心に伝ふる花なれば-」を「行きたい」リストに挙げていたものの、ヤフー・ブログのサービス停止に伴う作業やら、その他のスケジュール調整やら、で、結局行かず終いになりました(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5290.html 、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5291.html )。

 で、その後の企画展を改めて確認しようと、同館のHPhttp://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/ を見てみたら…2019年9月6日以降の今年度(~2020年4月5日)の企画展が中止(キャンセル)となっていました。理由は、「空調設備の不具合」との事です。リンクされているpdf文書には日付を欠いているのですが、同じ様にリンクされているFacebookの日付は、2019年9月11日。台風15号の被害による中止なのか否か、気になるところです。

 2019年9月6~8日は、企画展「現代日本画の歩み 天心記念茨城賞の作家たち」の展示を行っていたのでしょうか?

 なお、常設展示に相当する岡倉天心記念室は、平常通り観覧出来るそうです。
  

 FC2では、画像ファイルのUPLOADの際、次の様なメッセージが出ます。

e079a18b.jpg



曰く、「同じ名前のファイルは上書きされます」。他のブログでは、こうした事は無く、「面倒くさいなぁ」と感じながらも、カメラが自動的に付けた名前ではなく、独自に、先ず重なる事の無い名前をファイルに付け直し、アップロードしていました。





 しかしながら、先にUPした記事で画像を修正しようと考え、UPする際、「同じ名でUPすれば、自動的に記事の画像が置き換わる」と考え、UPしてみたら、画像は、そのまま。で、UPLOAD画面を見てみたら、名前が同じでも上書きされてない。

4f1ebe49.jpg



ここでは、テストとして全く同じファイルをUPLOADしてみたのですが、ダブって存在しています。



 恐らく、仕様変更に伴い、プログラムを修正したものの、周辺のエラー・メッセージなどを修正していないが故に、齟齬が出て来たものと思います。FC2は、仕様を検討してからプログラム変更をする姿勢が見え、プログラムは比較的安定しているのです(ヤフー・ブログ、ライブドア・ブログ、アメーバ・ブログは、そうではなく、プログラマーの個人的な改善欲求によるプログラムの変更を許している姿勢が見え、それ故、プログラムは、FC2に較べると、不安定です)が、仕様記述がプログラム設計の部分のみ行われているのか、周辺のユーザへの説明などで、昔のまま放置されているところが結構見受けられます。例えば、



(1)ヤフー・ブログからFC2ブログへの移行に関する説明

(2)FC2ブログのカテゴリの一覧表示の変更方法に関する説明



などがあります。今回は事前警告メッセージ。このメッセージに従ったからと云って、何かの不具合が起こる訳ではありませんが、プログラム上は不必要な作業負担をユーザに掛ける事になります。



 とは言っても…事前警告メッセージが出ている限り、いつプログラムが元に戻るか分からず(戻る可能性もあると考えるので)、カメラなどが付けた、そのままの名でファイルをUPLOADする勇気(蛮勇の類い)は起こらないんですけどね。


 先日、千葉市の泉自然公園に、キツネノカミソリを見に行って来ました。2012年に

キツネノカミソリ@泉自然公園
https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda/61722076.html
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-3779.html
(2012年8月23日)

と云う記事をUPしました。その際、「今年2012年の最盛期は、2012年8月18~19日だった模様です」と書きました。けれど、どういう理屈かワカリマセンが、段々最盛期が早くなっていて、2016年では8月10日で見頃を過ぎた状態。2019年は、2019年8月初めで既に泉自然公園のHPに「見頃」の表示が出ていたので、見に行ったもの。
 目的としては、(1)最盛期の状況が見れるかも、との期待、と(2)2012年以降の推移を見てみたい(何故、ここにキツネノカミソリの群生(生物的には、こうしたものを群生とは言いません。「群生」には、別の独自の定義があります)と言えるほどのものが見られるのか、を不思議に思っていた事もあります)、との思いからです。

 なお、キツネノカミソリは、ヒガンバナに似た花ですが、日本の固有種。
 ヒガンバナは中国原産で、古来では日本には3倍体が持ち込まれた故に、原則、種が出来ず、球根でしか増えません。私は、ヒガンバナの輸入を、稲作の導入に伴って、弥生時代初期(縄文時代末期)に、猫などと共に、持ち込まれたものと考えています。3倍体だけが導入された理由は、ヒガンバナはアルカロイドと云う毒を含む植物だから、勝手に増えない様にしたのだろうと考えています(毒がある故に、畦<アゼ>などに植える事で、ネズミやモグラなどが穴を空けるのを予防出来る)。
 一方、キツネノカミソリは日本固有種ですので、種も出来、種で増える事が出来ます。ヒガンバナにも色々な名がある(女郎花とか幽霊花とか)のですが、類縁種であるキツネノカミソリ、オオカミノカミソリ(キツネノカミソリとは別種)などのカミソリの名は春に出る細長い葉っぱの様子を見立てたもの。キツネの方は、http://izumi-park.city.chiba.jp/news.php?m=153 に拠ると、オレンジ色の花をキツネの毛色に例えたものだそうです(じゃあ、オオカミノカミソリは??)。

 で…今年2019年8月初旬に見に行ったところ、キツネノカミソリの開花個体数げ激減していました。先の泉自然公園のページのうち、なんとか群生(生物学的には、集生?)っぽい群落が見られたのは、最奥部(pdf地図で「おすすめの群生地」とされているもの。駐車場にも同じ地図がありました)のところだけ。それでさえ、2012年の様子に較べると、開花個体数は半分より少なかったと思います。尤も、最奥部では、記憶に無いほどの上の方にも植生地が広がっていた様にも感じましたが。
 他のところでは、ぽつぽつと開花している個体が数株見られる、てなところがほとんど。先の最奥部を除くと、蓮池(連続している池の最奥部)の東側通路(池の畔、山側の通路)にぽつぽつと20個体程度の開花個体があっただけ。見るも寂しい在り様になっていました。

 過去の様子を検索してみると、2017年までは、

https://blogs.yahoo.co.jp/hanaoyaji_katatumuri/35430869.html (ヤフー・ブログのサービス停止により、2019年12月15日までしか閲覧出来ない)
https://hanaoyajiblog.blog.fc2.com/blog-entry-227.html (上の記事をFC2に移行したもの)

で見られる様に、2012年と同様の開花だった様ですが、2018年には

https://blogs.yahoo.co.jp/hanaoyaji_katatumuri/35832568.html
https://hanaoyajiblog.blog.fc2.com/blog-entry-78.html

に拠ると、開花個体数が激減していたそうです。私の行ったのが209年8月初旬と早かったので、「これから開花するのもあるのかな?」とも思っていたのですが、茎(彼岸花系の花は、葉っぱが出ている期間は花は咲かず、葉っぱが散ってから茎が出て、花が咲きます)と蕾だけって個体も見掛けなかったし、どこでも萎れた花と同時に蕾を付けた個体ばかりで、決して早過ぎた訳でもない様子が見て取れました。開花個体数自体が減っているのは間違いないだろうと考えています。

 理由は、今年2019年になって急に減った訳では無さそうなので、現在の姿から何かを推測するのは困難です。けれど、最奥部以外で開花個体数が最も多かった、蓮池の脇の通路が、草ぼうぼうだった事から推測すると、昨年2018年以降の草刈りが、上手くキツネノカミソリの当年の生活史と合っていなかったからでは?と邪推してしまいます。
 例えば、春先に出た葉っぱを、それと気付かず刈ってしまったので、光合成が出来ず、結果、球根(形から言うと「球」ではなく、「根茎」と表記すべき?)が育たず、開花しなかった、とか。1年でもそうした年があると、翌年以降の開花個体数は減ってしまいます。なお、私の行ったときにもポータブルの機械での草刈りはしていましたが、花の付いたキツネノカミソリが廃棄物の中にある、なんて事はありませんでした。
 近年は、少しずつ植物の開花期がずれて来ていますので、従来と同じ日付で同じ様に草刈りを行っていても、どこかの有用植物の生活史(聞き慣れない言葉かも知れませんが、専門用語なので、検索してみて下さい。成長・繁殖のタイミング)
と干渉(バッティング)する事が生じているのかも知れません。

 思いつく限りで可能性のある原因を挙げてみると、

(A)盗掘
(B)人の進入による土壌の踏み固め(2019年も写真を撮るために進入している人がいました)
(C)(上で書いたもの)葉っぱの時期に、葉っぱを刈ってしまい、光合成が出来ずに終わった
(D)気象要因などによる死滅
(E)時期に配慮せずに、開花後や秋に草刈りを行ったり、落ち葉を片付けた為に、種が実らなかったか、種が地上に残る事無く持ち去られた。
(F)(E)とは逆に、葉っぱが草刈りが冬の間に行われなかった事で、葉っぱが充分な光合成を行う事が出来なかった
(G)もしかしたら、人の手で植え替えを行った。

などが挙げられます。上の「原因」としたものの中で、相互に矛盾しているものがある通り、確たるものではありません。が、考えられる仮説。どれかに該当するか、は、現実の記録(これが無いと、何も始まりません)と照らし合わせてみないと何とも言えません。

 泉自然公園は、熊谷俊人・現・千葉市長の「賑わい創出」の方針によって、フォレストアドベンチャー千葉(民間企業)を誘致したり、中心部の草原を「手ぶらBBQ & デイキャンプ広場」として開放する(だけでなく、器具のレンタルなども行う。恐らく民間の運営)などの施策を行っています(公式HPも見易くなりました)が、その一方で、もともとあった自然が維持出来ていないのは残念な事です。恐らく、私は、あと10年ほど、下手すると、私の生涯を通じて、ここにキツネノカミソリの開花を見に来る事は無いかも知れません。2012年の様子を見ておけて幸運だった、と思います。

 …なんて思ってたら、2019年8月8日18:05~NHK総合TV(首都圏)で放送された「首都圏ネットワーク」の中で、この泉自然公園のキツネノカミソリをやっていました(いつも通りなら、20:45~のニュスの中で、この部分の再放送がある筈)。画面では、素晴らしいものでしたが…開花個体数は私の見たものと大して変わっていなかった筈。


 ~~~ ~~~

<関連記事>

在りし日(2012年8月21日)のキツネノカミソリ@泉自然公園
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5201.html
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5201.html
(2019年8月9日UP)

 ミンミンゼミ(ミンミンの部分は、当てる漢字、あるのかな?)が鳴いているのを、2019年7月31日05:40過ぎ(=さっき)、確認しました。短時間で鳴き止んだけど。

 今シーズン2019年シーズンでは、

セミが鳴いてる?@千葉県 柏市
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5187.html
https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda/65308484.html
(2019年7月24日UP)

や、その翌日UPの

蝉が鳴いている姿の現認前に、蝉の姿を視認した@千葉県 柏市
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5188.html
https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda/65308850.html

なんて記事をUPしてましたが、ミンミン蝉の鳴き声は柏市内では今シーズン初めて聞きました。

 なお、後者の蝉でない事は確認済み(既に、最初の場所にいなくなっていましたから)。

 後者の油蝉にしても、今回のミンミン蝉にしても、蝉の鳴き声が継続せず、直ぐ鳴き止むのが気になるけど、これは、季節的な要因(「鳴き始め」って事)なのか? 東日本大震災時の放射性物質(放射能)降下の影響が今になって顕現されてるんどえなければ、いいのだけれど(蝉が7年間地中にいるとして、2012年に卵から孵化したとして、2012年の夏~秋だったら、柏市内では、まだ放射性物質はあちこちにあっただろうから。柏市内の除染は公的区域だけであって、まだ民家などでは、ある程度高い値を示している区域もあるかも知れない)。

↑このページのトップヘ