黄色い豚@日立柏酒場裏(ライブドア・ブログ公開版)

https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda からhttps://reywa.blog.fc2.com/ (2019年8月29日以降の私のメイン・ブログ)に移行したデータを用いて、更に、ここに移行しました。 データの由来(成り立ち)の詳細は、http://reywa.weblog.to/archives/5241451.html を ご覧下さい。

カテゴリ: 未分類

 アマゾンで、翔泳社のkindle本(電子書籍版)が半額になっています。~2020年2月20日の期間限定セールの模様。これは、はてなブックマークで知った事で、実際に、通常書籍と較べると半額になっている事を確認済みで、いくつか購入してしまいました。

 実は、この後、はてなブックマークでインプレスのkindle本も~2020年2月末日(~2020年3月30日の見間違い?)で半額に、ってな情報も見ていたのですが、現実にAmazonを見てみても半額にはなっていないし、そのはてなブックマークもいつの間にか消えてしまっているので、ニセ情報だったのかも知れません。

 翔泳社の本って、結構な割合がIT絵本なので、すらすら読めます。あたかも、漫画本の様。でもあたかも漫画本の様なのは、それに留まらず、自分の関係ない分野だと、内容が役に立たない(笑)。実は、これは「自分に関係の無い分野だと」と云うところがキモで、活用して「役に立てる」のが、こうしたIT絵本の真骨頂。読んだからと言って、役に立つか否かは、自分の心掛け次第なんです。

 …て事で、お奨めとしちゃ、翔泳社の本を全て一度アマゾンの上で見て、「役に立ちそう」な本をWishlist(「ほしい物リスト」)に入れておいて、一度チェックし終えた後で、予算と見較べながら、購入に回す事。読む時間や内容に較べて「やたら高い」と思ってしまうのも、漫画本と同様。尤も、漫画本にしたって、描画の手間を考えれば、決して「高い」訳ではなかろうし、IT絵本だって、それなりに手間も掛けてるんだろうし、読者層が限定されてて、小説みたいに何百万部も売れる訳でもなく、何万部だってヒットに数えられる分野だろう、って事は想像は出来ます。でもね…自分の使えるお金の金額と見較べてみたとき、決して「安い」とは思えない金額なんですよねぇ…。

 私は、昔買って、既に旧版となってしまっている、CやC+.C#の解説本を「半額」に釣られて購入しました。これらは、今は既に仕事で使う事も無くなった代物。が、すらすらと「読めちゃう」分野なんで、自分の知識の「いざと言うときの」(←いつだ??)UPDATEの役には、「半額」なら惜しくないかな、と思えたから。

 でもね、Wishlistから購入に回すときは、試読が必須ですよ。
 

 2020年2月09~10日(本日)に掛けて、FC2のブログ内検索やら、ブログ管理画面で、本番(主に、PC環境)でのプログラム改変が頻繁に行われ、それに伴い、バグが「あちこちで」頻発してる。今まで、こうした事は、ライブドア・ブログやアメーバ・ブログでは「よくあった事」なのだが、FC2ブログでは、極めて稀な事だった。FC2は、テストをした上で本番のプログラムを変更し、また、本番のプログラム改変は、些細な事でも「何を変更したのか?」を公表してるブログだった。だが、2020年2月9日夜からの、この状態は、結構異様ではある。
 あたかも、「今までFC2ブログが、どう動作して来たのか?」を知らず、また「FC2ブログのプログラムが、どの様にメンテナンスされて来たのか?」の態度(behavior)を知らないままで次々と改変してるかの様だ。

 もしかして、ライブドア・ブログやアメーバ・ブログからの転職組(仕事のやり方=behavior から見ると、ライブドア・ブログのプログラムを担当してたヤツじゃないか、と疑ってしまう)に、安易に本番環境のプログラムの管理を任せてないか? このままじゃ、FC2ブログで積み上げて来たものをメチャクチャにされるぞ?!

 まさかとは思うが、どこかから侵入されて、プログラムを次々と改変されてる? それにしちゃ、改変度合いが少なく、単なるテスト不足のバグの様に見えるんだが。

 もう一つの可能性としちゃ、FC2側ではなく、FC2が使用しているJAVAなどのバグがFC2ブログに影響を与えてる、って可能性もあるには、ある。が、ブログ内検索画面では、2020年2月10日、10:000前までに少なくとも2度、プログラム改変が行われており(2020年2月10日以前にも少なくとも1回のプログラム改変が認められる)、これについちゃ、JAVAの問題でなく、明らかな本番環境(PC上)でのプログラム改変である事を確認している。
 この記事をUPして以降も、JAVAの問題ではなく、明らかにプログラム改変による挙動の差異を確認している。

 ~~~ ~~~

 FC2のプログラマの誰かが、今までのversionsのプログラムの履歴のお勉強の為に、テスト環境に適用すべきところ間違って本番環境に適用しちゃった、てのなら理解出来なくも無い。が、そうでない場合、私が「ライブドア・ブログのプログラムを担当してたヤツじゃないか」と考えるのは、次の様な挙動(上でbehavirと書いたものと同じ)が、かつてライブドア・ブログで見たものと共通する事による。

(1) テスト環境でなく、本番環境で次々とプログラムを書き換えて、適用して行く。
(2) 書き換えの時間的間隔が、ときに(体感的には)数分単位で変わって行く。
(3) 何の為に改変しているのか判らないほどに、頻繁なプログラム変更(不具合を含んでいる)
(4) 頻繁なプログラム変更の時間帯が、早朝(06:00前頃?)からであり、午前中には、変更が終わる事
(5) (4)の変更前と変更後と較べてみると、何が変わったのか判らないときがある。ときに「現状の仕様の認識が甘く、その意味が理解出来ないので、改善点らしきものがある様に感じ改変してみた結果、やっと現状の仕様の存在意義を知った」てだけではないのか、と思う事がある。例えば、今朝のFC2ブログでのブログ内検索結果が、記事へのリンクで無く、ただの文字列になった時間帯があった、など。


 こんなプログラム改変は、そのプログラムによって活動しているユーザにとっては迷惑でしかない(今朝は、オブジェクトの受け渡しか、変数の受け渡しを誤って、記事の更新が出来ない時間帯があった。最終的な更新を、更新前の記事内容で行う、って云う、お粗末さ)。もし、これが転職者によるものであって、試用期間中なのだとしたら、さっさと退職させた方がいいと考える。ライブドア・ブログは、こうしたプログラム改変の結果、最終的には、かなり、機能拡張をしたとは評価するが、ユーザにとっては迷惑でしかないbehaviorだった。

 私は、こんな頻繁かつ意味不明なプログラム改変が嫌で、ライブドア・ブログをメイン・ブログにはしなかった経緯がある(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5129.html など参照)。

 毎年の各月のアクセス分析の画像を1年1記事として格納して行きます。

2020年1月分。
a5b6f654.jpg

FC2のアクセスは、よく解せないところも多いです。記事をUPしたからと言って、アクセスが増える訳でもなく…まあ、これは、ヤフー・ブログのときも同じ様な傾向があり、記事を書いた途端に、アクセス数が減る、って事は、よくありました(笑)。
 過去の記事のレベルに合わない、低レベルの記事を次々UPしても…って事なのかも知れませんが、かと言って、記事を全くUPしなければ、アクセス数も段々減って行く訳で、2019年のアクセスを見てみても(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5331.html )、2020年10月のアクセス数が私がFC2に移行しての最高の値の筈(2019年6月のアクセス数が不明故、確実ではない)ですが2019年11月に記事を一つしかUPしなかったときは、アクセスが如実に減った事で、ほぼ確実な事として言えるのではないか、と考えます。


2020年2月分。
ffcb27b4.jpg

FC2でのアクセス数の振り幅の大きさには驚くばかり。アクセスが前月と較べて大幅に減っている事を見て、「何が悪かったんだろう?」と考えてみても仕方ない気がしている。分析するには、細かなデータが不足し過ぎ。
 まあ、前月に訪問した方の嗜好とは異なった記事ばかりUPしてたのかも知れないし。

 今までヤフー・ブログの1記事の文字数制限2万字に掛かる毎に記事を分けていたが、FC2の記事には文字数制限が無いので、1年分を1記事とする積もり。


<前年分記事>

2018年10月~2019年2月に読んだ本
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4991.html
(2018年10月8日UP)

2019年3-12月に読んだ本
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5099.html
(2019年3月27日UP)


<2020年1月>

芹沢銈介の三十六通の手紙(式内潔眞宛) 海野 雅央・編著(2018年)
…我孫子市立白樺文学館の企画展「芹沢銈介の装幀」(2019年11月27日~2020年1月26日。https://www.city.abiko.chiba.jp/event/shiseki_bunkazai/shirakaba/tenji/tennjijyouhou.html#cms014A8 、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5332.html )を見た際に館内で展示されていたものを通読。 


恋はつづくよどこまでも ##1-7 円城寺 マキ・作(2016-2019年;フラワーコミックス;小学館)
…TVで放映中ゆえ、第1巻がauブックパスで期間限定で無料提供されていたので、それを読み、第2巻は、kindleでの無料提供で。3巻以降は、kindle(有料)で通読。

つまり好きって言いたいんだけど、 #1 円城寺 マキ・作2020年1月;フラワーコミックスα;小学館)
…第1話と第2話が期間限定で無料配信されていた。で、その2話分を読んだ後で第1巻(今のところ、これしか刊行されていないらしい。5話分)をkindleで。


4分間のマリーゴールド ##2-3 キリエ・作(2017-2018年;小学館)
…kindle版。

4分間のマリーゴールド #1 キリエ・作(2017年;小学館)
…2019年12月にYahoo! Comicsか何かで期間限定で無料配信されていたのを読んでいた(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5099.html )が、##2-3を通読した後で、再読。i今度はkindleの期間限定無料配信版。

HERO~4分間のマリーゴー-ルドbefore~ キリエ・作(2019年;小学館)
…kindle版。


ちはやふる #43 末次 由起・作(2019年12月;BE・LOVEコミックス;講談社)
…何かで発売通知を受け取っていた筈なのだが…直ぐに読まなかった為、読むのが、こんな時期になってしまった。kndle版で通読。第44巻は、2020年5月13日発売の由。


東京の空間人類学 陳内 秀信・著(原著 1985年;文庫所収 1992年;ちくま学芸文庫)
…数ヶ月前に購入(2019年10月1日頃と思っていた)した本かと思っていたが、2019年12月25日 紀伊國屋書店セブンパーク アリオ柏店で大量購入(1万7千円超)した本の1冊だった。電車内なんかで、ちまちま読んでいたが、最後にはpp.196~332を食事しながら3時間ほど掛けて読了。
 日本橋川の海運橋ってのが出て来て、第一国立銀行なんかが袂に建っていたらしいのだが、位置が分からない。現在の豊海橋の前身?

 茨城県天心記念五浦美術館の展覧会では、私の場合、2019年7月20日~2019年9月1日の会期で開催されていた「入江明日香-心より心に伝ふる花なれば-」を「行きたい」リストに挙げていたものの、ヤフー・ブログのサービス停止に伴う作業やら、その他のスケジュール調整やら、で、結局行かず終いになりました(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5290.html 、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5291.html )。

 で、その後の企画展を改めて確認しようと、同館のHPhttp://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/ を見てみたら…2019年9月6日以降の今年度(~2020年4月5日)の企画展が中止(キャンセル)となっていました。理由は、「空調設備の不具合」との事です。リンクされているpdf文書には日付を欠いているのですが、同じ様にリンクされているFacebookの日付は、2019年9月11日。台風15号の被害による中止なのか否か、気になるところです。

 2019年9月6~8日は、企画展「現代日本画の歩み 天心記念茨城賞の作家たち」の展示を行っていたのでしょうか?

 なお、常設展示に相当する岡倉天心記念室は、平常通り観覧出来るそうです。
  

↑このページのトップヘ