黄色い豚@日立柏酒場裏(ライブドア・ブログ公開版)

https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda からhttps://reywa.blog.fc2.com/ (2019年8月29日以降の私のメイン・ブログ)に移行したデータを用いて、更に、ここに移行しました。 データの由来(成り立ち)の詳細は、http://reywa.weblog.to/archives/5241451.html を ご覧下さい。

カテゴリ: 歳時記@千葉県柏市

 2020年3月28日朝、千葉県 柏市内で、道端にナガミヒナゲシが咲いているのを見付けました。ナガミヒナゲシってオレンジ色の花で、車で種が運ばれる事で、日本中に(少なくとも関東一円には)拡散されてしまった帰化植物。けれど、今朝見たナガミヒナゲシは、かなり赤っぽい花として咲いてましたが(この発色の違いは、何に由来するものなんでしょう? 同じくオレンジ色のキツネノカミソリでも、赤く発色するものがありますが。環境の違いなのか、違う種に分化した、もしくはしつつあるものなのか)。

 例年GW前にはかなりの数見掛ける花で、思い返してみれば、今井の桜を見に行ったときに、老人保健施設らしきところの前に結構咲いていたのを思い出しました。けれど、今年は、例年に較べても早いソメイヨシノの開花が、柏市内ではようやく満開を迎えたところ。早咲きのソメイヨシノでは、散り始めになっていますが、まだ3月。
 当ブログ内での記録を並べてみても、

2013年 → 4月19日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-3996.html )
2014年 → 4月15日 (@八千代市、柏市では、まだ。おおもとの記録不明。が、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4645.html で引用)
2015年 → 4月14日(@八千代市の2014年と恐らく同じ場所。柏市では、まだ。https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-3996.html のコメント欄)
2016年 → 4月03日(@松戸市、柏市では、まだだが、発見地点は柏市の近接区域。https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4645.html )
2017年 → 4月14日(@柏市。https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4786.html )
2018年 → 不明
2019年 → 4月04日(@柏市。https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5107.html )
2020年 → 3月28日(当記事。@柏市)

となり、最も早い例となります。

 本日2020年3月24日、聞き慣れない鳥の鳴き声が聞こえました。「何の鳥だろう?」と耳を澄ませてみたところ、ホトトギス(不如帰)でした。あの声高く鳴く声ではなく、何とも言い様のない、ちっちゃな鳴き声。でも、音階は微妙に最盛期と異なっている(1音階違っている訳ではなく、もっと微妙な差異)ものの、パターンは紛う事無きホトトギス。完鳴きでした。テッペンカケタカの前に、二度ほどチッチッと付く形ではありましたが。

 記事を書くに当たって、当初、ウグイスと書き始めたのですが、テッペンカケタカでしたので、これはホトトギス。

 当ブログ内で、過去のホトトギスの完鳴きの記録を辿ると、

2013年 → 6月8日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4026.html )
2015年 → 6月5日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4523.html )

があるだけ。もっと聞いてはいる筈なのですが、記事にしたのが少なかった模様。

 でも、ウグイスの鳴き声の前に、ホトトギスの鳴き声を聞いたのは、初めて。ウグイス、ホトトギス(ウグイスの巣に托卵する)に駆逐されちゃったんだろうか? んでもって、鳥って刷り込みって言って、初めて見るものを親と認識するっ習性があるから、ウグイスを親と思い続けて、親と同じ様な時季に鳴いてる…とか??

 にしても、上の記事の6月5日って日付に較べて、今回の2020年3月24日って日付は異様に早い。どこかの家で、ホトトギスを飼ってる、なんて可能性も否定出来ないところではあります。

 ちなみに、当ブログ内で、過去のウグイスの完鳴きの記録を辿ってみると、

2009年 → 3月19日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-2346.html )
2010年 → 3月20日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-2748.html )
     完鳴きでなければ、3月15~17日の間

2011年 → 4月22日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-3123.html )
     気付きが遅れただけだと思う…。

 …(中略)…

2016年 → 3月08日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4627.html )

2018年 → 4月16日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4937.html )
2019年 → 3月03日(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5090.html )

で、もう鳴いていなくてはおかしい時季。

 照手桃ってのは、日照の環境なんかによって、個体ごとに開花期に大きな差異のあるものではあります。けれど、2020年3月19日、私の見ていた照手桃の個体で、開花が始まりました。前日には蕾が大きくなっていたものの、1日で開花まで至るとは予想を超えてました。

 なお、同日、ムスカリも開花してるのを発見。ムスカリってのは、早咲きなら1月にでも咲いているものがあるものですが、考えてみれば、私が今2020年シーズンで初めて目にしたムスカリでした。

 ツイデに言えば、三協フロンテア柏スタジアム(旧・日立柏サッカー場)の東脇にある枝垂れ桜も、2020年3月17日には開花していました。多くのソメイヨシノはまだ開花していない状況(少なくとも、あかね緑地のソメイヨシノは開花していませんでした)で、ここの枝垂れ桜が開花していたのは、驚き。私の記憶では、例年だと、ソメイヨシノに少し遅れて、ここの枝垂れ桜が開花している様に思っていたから。 尤も、

日立柏サッカー場前の枝垂れ桜がソメイヨシノに先行して咲き始めた!(2006年3月25日)
https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-362.html
(2006年3月26日UP)

なんて記事もあり、2006年には、ここの枝垂れ桜がソメイヨシノに先行して咲いた事もあったのは確実。

 枝垂れ桜であって開花の早いものはあり、例年、あかね緑地の南脇にある枝垂れ桜は結構早く開花します(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4921.html 参照)。今年2020年も、2020年3月15日には、既に見頃になってました。


 ~~~ ~~~

<2020年3月21日の追記>

 なお、古河公方公園(旧称は、古河総合公園)の桃は、2020年3月20日現在、既に満開を迎えているそうです(https://dajyaresensei.hatenablog.com/entry/2020/03/20/223801 参照)。私の当ブログ内での過去記事 https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-2754.html 、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-2755.html なども考え合わせると、例年、どうやら柏市で照手桃が咲き始めるタイミング(咲き始めた「翌日」ならば、確実?)で、古河公方公園の桃が満開になっているらしい。

 一昨日2020年3月17日に見付けたのですが、チューリップが赤い福寿草(そんなものありません。福寿草は、黄色です)であるかの様にして咲いていました。背丈もかなり低く、10cmに満たない時点での開花。それもあって、福寿草を連想させたのです(ここで私がイメージしてるのは、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4889.html の画像の様なもの)。
d9ed7c00.jpg

この画像の左側の芽は、ユリだった様で、翌々日2020年3月19日までには、明らかにユリの芽と判る形状で、高さ5cm程度までに急成長してました。

 少し茎が見える、近くの別の個体。
7fc02d01.jpg

PCの画面の大きさによっては、実物より大きく表示されちゃってるかも知れません(私のPCの場合、そう)。こんなに小さい段階でチューリップが開花するものだとは、私は今まで思ってもいませんでした。気候の所為かも知れませんが、園芸品種(日本に咲いているチューリップで、原種なんて先ず無いでしょうから、園芸品種と言ってます)の特徴なのかも知れません。

 これがチューリップ(の園芸種の一つ)である事は確実。葉っぱなども地中海性気候の春に合わせて、降雨量の多い(蒸散量も多い)形ですし。但し、この場所のチューリップで咲いているのは、この種だけである事から園芸種として固定されたときに早咲きの性質を持ったものなんでしょう。他のチューリップの咲く時期と較べるのはどうかとも思います。
 でも、この種類に限って言えば、開花はこの2個体だけではなく、他にも開花しているものがありました。いずれも、赤い花。

 なお、チューリップって傾熱性を持っている(温度の高いときには花弁が開き、気温の低いときには花弁が閉じる)ので、翌々日2020年3月19日の気温の高くなった時点では、こんな感じに。
6ce6a29e.jpg


a762d285.jpg


 ツイデに言えば、例年、通常のチューリップはソメイヨシノの開花の1週間後くらいに開花していたのですが、ソメイヨシノの早咲きのものは、同日2020年3月17日までに開花していましたし、通常のものも、2020年3月19日には開花していました(靖国神社の標準木での「開花」基準の様に5輪あったか否かは不明ですが、1個体で2~3輪は確実に咲いてました)。

 早咲きのソメイヨシノの2020年3月17日。
9cd4db74.jpg


 ~~~ ~~~

<2020年3月25日追記>

 上に書いた園芸種とは別の園芸種(恐らく、もっとありふれたもの)のチューリップがで柏市内で咲いているのを、2020年3月25日に見付けました。 

 私の自宅の近所のお宅などでは、剪定の所為なのか、その他の要因か、まだレンギョウ(連翹)の開花を見ていないのですが、今朝2020年3月14日の朝、朝食(24時間チェーン店)や買い物(24時間スーパー)などのツイデで見て来たところでは、既に連翹(レンギョウ)、咲いてました。

 柏市立第三小学校の西端から「ひばりが丘交差点」へ続く道の中央分離帯では、レンギョウの植栽部分が既に見頃と言っていい状態になっていましたし、三協フロンテア柏スタジアム(旧・日立柏サッカー場)東側(あかね緑地側)の植栽のレンギョウ(連翹)も開花していました。陽当たりのいい場所の連翹(レンギョウ)は既に開花している様です。

 約1週間ほど前に開花(2020年3月6日までには開花。https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5403.html 参照)していたハクモクレン(白木蓮)なんかでは、既に花弁の落下が見られる様になっています(樹の下に白い花弁が落ちています)し、沈丁花なんかでも2020年3月12日頃には落花が目立つ様になって来ています。

 

↑このページのトップヘ